しもやけで手が真っ赤に腫れて、痛くて指が曲がらない!改善策を調べてみた。

しもやけで手が真っ赤に腫れて、痛くて指が曲がらない!

シェア

「ブログやネットをやっている時手が冷たい!」と思っていたら・・・

最近パソコンに張りついてブログを書く時間が多かったせいか、ついに人生で初めて手がしもやけになりました。故郷の北海道でもなったことなかったのに・・・。

指の関節のところが赤くなって水ぶくれ寸前のように腫れあがっています。しかも痛くて曲げられないのが辛い!

毎年冬にはしもやけに悩まされている人がたくさんいるのかもしれません。

特に女性は末端冷え性になりやすいといいますし、主婦の方は家事で水仕事をたくさんするのでしもやけになる方もきっと多いですよね。

というわけで、せっかくしもやけになったのでこの機会に原因や対策をまとめて記しておこうと思います!

しもやけとはなんなのか?原因、症状。

というわけで、数日前に手の指が痛いなーと思い始め、気が付いたら指がところどころ真っ赤になっていつもより太くなっていました。人生でそんな風になったことなかったので、人に「それ、しもやけだよ。」と言われるまで、これはもしや糖尿病では?とか考えてしまいました。

ちなみにしもやけは調べたところ、“寒さのために血行が悪くなって炎症が起こるもので、血管が細い手足などの末端や、鼻や耳たぶなど冷たい大気に露出している部分もなりやすく、。かゆみや痛みを伴う。”とのことです。寒い季節に起こる一種の皮膚病ですね。

日本の屋内で生活している分には、寒冷地や雪山登山でかかる凍傷まではなりにくいそうですが・・・

しかし、指が曲がらないし痛いです。打撲とか突き指した時と似たような感じの痛みですね。

しもやけを予防・改善するには

放っておくと皮膚の腫れが酷くなり、ジュクジュクした状態になってしまうこともあります。早めの対策が必要です。

手袋・耳あてなどを活用して保温する。

なるべく外気に晒さないことが大事です。外出する時は手袋や耳あて、他鼻がかゆくなってきたりした時にはマスクを着けましょう。また、カイロなどを当ててまめに体温を調節するのも効果的です。

わたしは家の中にいる間起きてるときも就寝中も、なるべく手袋をしてます。でもパソコンが使えなくなるので、外しているとまたしもやけがひどくなってしまいます。

パソコンやスマートフォン使用中に効率よく手を温めたい方は、指なし手袋の中にヒーターを入れる方法もあります。

USB ヒーター手袋 USBウォーマー ヒーター内蔵 ハンドウォーマー ※インナーのみ

入浴しながらのマッサージ

入浴時におふろの湯の中でしもやけに掛かってる手や足の周辺をマッサージして血行を改善しましょう。血行を良くする入浴剤などを入れるのもいいですよね。

最近はお風呂に入ってる時もスマホとかを使っている人も多いかと思いますが、冬の間だけでもなるべく湯船に手を沈めて温めるように心がけたいですね。

就寝時はゆたんぽを用意する。

寝る10分前位に用意してベッドの足元にセットしておきましょう。特に女性に多い足の冷えやすい方にはおすすめです。足には体中のツボがあり『第2の心臓』とも言われるくらいです。冷えた足を温めることで血行が良くなればしもやけ改善のみならず、体調に良い変化が現れるかも?

湯たんぽはAmazonなどのネットショップで見てみると大体1000~3000円くらいです。冬の足の冷え対策に毎年使えると考えれば安いものですよね?

血行不良を改善するツボを押す

・解谿(かいけい)

血行を促進させる効果を持つツボです。

足首間接のちょうど真ん前の、腱と腱の間にあります。

お灸(温灸棒)などでピンポイントで温めるのが効果的だそうです。

体の右側にしもやけができてる時は右足。左側なら左足を刺激します。

・太谿(たいけい)

足の内側のくるぶしとアキレス腱の間のくぼみにあるツボです。

手の親指で押すようにマッサージすると足の冷えが解消されます。

・勇泉(ゆうせん)

足の裏の人の字の交差する部分にあるツボです。

足の指先の冷えに悩む方は特に多いと思いますが、まさにその指先の冷えを改善するツボです。

指で強く押し込みます。あまり強く押せない方は、ゴルフボールなどの硬い球を踏んだりして刺激してもよいそうです。

転んだりしないように気をつけてくださいね。

左右それぞれ刺激してください。

・合谷(ごうこく)

人指し指と親指からそれぞれ続く骨の交わったところのやや人差し指側にあるツボです。

このツボを刺激すると手・指先の冷えが解消されます。また肩こりにも効きます。

逆の手の親指でぐりぐりと刺激します。左右それぞれ行ってください。

私は手がしもやけになるほど冷えてるせいか結構痛い感じがしました。


・外関(がいかん)

手の甲の終わり(手首を手の甲側に曲げた時にできるシワの辺りです。)の真ん中から、4センチほど肘側に上がった所にあるツボです。

指で押してもいいですが、痛くない程度に先のとがったもので押すと効き目が高いです。

手の冷えの他、自律神経を整えるツボでもあります。

ツボ押しは自分で手軽にできるしもやけ・冷えの解消法です。時間の空いた時などに、こまめに刺激してみてください。続ける事でさらに効果が上がるはずです。

血行改善し皮膚を守るビタミンEを摂る

血行が滞ると体の凝りや頭痛や冷えを引き起こします。ビタミンEは正常な血流を保つのに欠かせないビタミンです。末梢血管を拡げて血流を改善し、皮膚に必要なビタミンCやコラーゲンなどの栄養素をきちんと届けてくれる上、老廃物を運び出す役割をしてくれるんです。

その他、抗酸化作用があって美肌にしてくれることや、血管系の成人病の予防効果が高いことでも知られていますよね。

ビタミンEを多く含んだ食材は、種実類や魚介類です。脂溶性ビタミンなので油を使って加熱調理するとさらに吸収が良くなります。ビタミンAやビタミンCなどの抗酸化作用のある栄養素とバランスよく摂取すれば更に相乗効果が期待できそうです。

ビタミンEと言えば、他にゴマなんかも有名ですよね。ゴマにはなんと、ビタミンC以外の栄養素が全部入っているそうです。

ゴマは表皮が硬いので、栄養素が吸収しやすいすりごまのほうがいいようです。しもやけ対策に色んな料理にゴマをたくさん入れて食べれば効果が現れそうですね。

また効率よくビタミンEを取りたいという方はこちらをどうぞ。私も普段からよく飲んでいるネイチャーメイドです。↓

塗り薬、わたしのおすすめは『オロナイン軟膏』

日本の家庭で昔から親しまれている塗り薬です。わたしも吹き出物などの炎症に塗るとすぐ治るので重宝していました。このオロナイン、しもやけにももちろん効くんですね。効能・効果のところにしっかりと書かれていました。

わたしは朝に塗って手洗いなどで落ちてしまったらまた塗ってます。

赤くなっているところは特に重点的に塗ってます。

就寝直前に塗ってから、手袋をして寝ます。そうすると朝には寝る前より結構腫れが引いていたりしますね。

やはり「ロングセラー商品」はそれだけ品質が素晴らしいということですね。

しもやけがひどい時は皮膚科を受診する

皆さんおわかりかと思いますが、あまりにひどくなって日常生活に支障をきたすような場合は、皮膚科へ行った方がいいです。私もこれ以上酷くなったら病院へ行くと思います。

皮膚科では塗り薬の他、かゆみがひどい時の抗ヒスタミン剤や、漢方薬、ビタミンEの錠剤なども処方してもらえます。

まとめに

今回はしもやけの症状と改善策について書かせていただきました。

ちょうどこれを書いてる日は少し温かかったのでパソコンを使うにも気持ち手が楽でした。寒い日はホントに箸も持てなくなるくらいひどいです。

この記事が、同じようにしもやけや冷え性で悩むみなさんの症状改善に役立てば幸いです。また情報が増えたら追加していきます。

ありがとうございました!

追記

ツボ押しと、寝る時のオロナイン&手袋でしもやけはすっかりよくなりました!

ですがまだ寒い日が続きますので油断はできませんね。

スポンサーリンク




お役に立ちましたらクリックお願いします!下のコメント欄への書き込みもお気軽にどうぞ!
人気ブログランキング

 

シェア