2017年も花粉の季節到来!花粉症対策から鼻中隔湾曲症の手術まで

2017年花粉症の季節がやってくる!対策や治療

シェア

もう少しで寒い冬も終わりだーと思うと、やってきます…そう、花粉症の季節です。

わたしも花粉症になってもう長いです。

花粉症じゃない人がホントに羨ましいです。友人なんか辛そうにしてるわたしを横目に見ながら「大げさー笑」なんて笑ってましたからね。わたしからしてみれば花粉症じゃない人って、もう“選ばれし者”です。

というわけで花粉症のことだったら、対策やら治療やら色々経験してきてるので、2017年花粉が飛散する前に皆さんに情報共有しておこうと思った次第です!

2017年東京及び全国のスギ花粉の飛散時期はいつ頃?

東京周辺の花粉前線到達時期は、2月10日~2月15日となっています。

2月に入ったらすぐに薬や花粉対策グッズの準備をしておきたいですね。

また、九州地方は2月上旬から。関西地方は関東と同じくらい。東北地方は2月20日頃(北部は3月初旬)となっています。

ただし予測は変化することもありますので、できるだけ早く準備しておきましょう。

花粉飛散量のピーク時期

東京では3月初旬~中旬がピークとなっています。

また、気になるスギ花粉の飛散量ですが、朗報です!日本気象協会によると、

東京周辺の飛散量は前年の70%!「やや少ない」ということです。

これは本当に嬉しいですね~。…とはいっても、やっぱり少しでも鼻や目に花粉が入ってくると鼻水やくしゃみなどの症状が出てきてしまうので対策は必要なんですよね。

ちなみに花粉の飛散予測マップでは、東京や東日本は「やや少ない」の青・水色なんですが、西日本から九州は例年より飛散量予測は多いようで真っ赤でした!前年比2倍以上の飛散量が予測されているそうなので対策をしっかりしていただきたいと思います。

花粉症の症状

わたしの場合は、目がかゆくなる、のどの粘膜がかゆくなる、鼻水が出る、鼻が詰まる(夜眠れないくらい)、くしゃみが出る、頭がぼーっとする、といった症状です。

花粉症は風邪と似た症状で、初めて花粉症になった人は初め風邪だと思い込んで薬を飲むけど治らず、結局は花粉症だった、ということもあるそうですね。

花粉症の見分け方のポイントはこのようになっています。

  1. 花粉症の場合は風邪の症状に見られる高熱が出ない。(花粉症で微熱が出ることはある。)
  2. 花粉症の場合、くしゃみの頻度が高い。
  3. 目のかゆみが出る。
  4. 風の場合数日経って治りかけになるとドロドロした色のついた鼻水に変わるが、花粉症は花粉の時期の間サラサラした鼻水が出続ける。

花粉症でせきは出るのか?

花粉を吸い込むことで、気管支にアレルギー反応が出ることもあるそうです。特に鼻が詰まってくると口呼吸になるため花粉が気管支に入り込みやすくなりせきが出てしまうことがあるようです。せきが出てるから風邪だとは一概に判断しにくいということですね。

花粉症対策

花粉症は何の対策もなし我慢して乗り切れるものではありません。わたしはいつもできる限りの対策をしています。わたしの実践している予防対策をご紹介していきます。

花粉用マスク

花粉用マスクと言っても、細かい粒子をカットできるものであれば大丈夫のようです。最近は安価なものでも「PM2.5をカット」なんて書いてありますよね。

花粉・PM2.5などの粒子の大きさ比較

単位:㎛(マイクロメートル〈1マイクロメートルは1㎜の1,000分の1〉)

  • ヒノキ花粉 30~40㎛
  • スギ花粉 20~40㎛
  • 黄砂 4㎛
  • PM2.5 0.3㎛

PM2.5はこのように花粉の何倍も小さく、吸い込むと肺にまで入り込んで病気を引き起こす危険があるそうです。さらについ最近見た『世界一受けたい授業』でやっていましたが、PM2.5が花粉について傷をつけると、そこから花粉に水分が入り膨張して破裂するそうです。すると花粉の粒子も細かくなってしまい、それが気管支や肺に入り込んでせきが止まらなくなったりするそうです。

ですから花粉対策にはPM2.5をカットできるマスクをしておいたほうがいいようです。

さらに横や上の隙間から入ってきてしまう花粉をカットできるように、なるべく顔にフィットする物を選んだ方がいいでしょう。鼻のところにガードが付いているものはさらに安心です。

マスク用スプレーを使う

最近はマスクをせずに顔にスプレーするだけで花粉を防ぐなんて画期的なものもありますよね。「マスクをするとかゆくなる」とかでマスクが嫌いな方には良さそうですよね。私はマスクをしてた方が安心感があるので使ったことがありませんが。

私は普通のマスクにかけるスプレーを使ってます。顔につけるものが不衛生だとちょっと嫌なので、こまめに新しい物に変えるようにはしていますが、なんと言ってもくしゃみがひんぱんに出てしまいます。マスクを着けたばかりですぐくしゃみが出たら替えるのがもったいないんです。そんな時に重宝します。

エーザイ クリスタルヴェール マスク防菌24 ミント 20ml

清潔に保てるだけでなく、花粉やウイルスのシャットアウト効果も高まるのでおすすめです。ワンシーズン1本あれば乗り切れるのではないでしょうか。

花粉用メガネ(ゴーグル)

最近はLOFTとかの雑貨屋でも売ってるのでそういうところで買いました。普段メガネしていないんですが花粉の時期だけは度なしのこのメガネをかけてます。

これはあるとないとではまるで違います。普通のメガネだと上下やサイドから入ってきちゃいますからね。少なくともつけてる間は目がかゆくなることはないです。

わたしは「JINS」のを持っています。色んなメガネブランドさんが出していて度なしなら3000~4000円くらいと安価ですね。3年くらい使ってて結構傷んできたので今年は買い替えを検討中です。

服装でも花粉対策

花粉の季節の洋服は、表面がツルツルして花粉が付着しにくいものを選ぶのも大切なポイントです。冬に比べて春は起毛素材などは少なくなるので花粉はつきにくいですが、上着やバッグを綿などよりもナイロンやレザー素材にすることでさらに花粉を落としやすくなります。

花粉を家に持ち込まない 衣服用ブラシの活用

花粉は目に見えませんが、外出後は確実に無数の花粉が身体についています。それを家に持ち込んでしまうと舞い飛んでカーペットやベッドについてしまいます。するとせっかくシャワーを浴びたりして体についた花粉を洗い流しても、また寝る時に目や鼻に花粉が入ってしまいますよね。

それを防ぐには、衣料用ブラシなどを玄関に常備しておき、玄関の外でできるだけ花粉の数を減らしてから家に入るようにしましょう。地味で面倒ですが効果があります。アレルギー反応が出るより絶対いいです。

空気清浄機

わたしは普段から空気清浄機をまめに点けてるわけではないのですが、花粉の季節だけはフル稼働しています。SHARPのプラズマクラスターの出るタイプです(最新のではないです…)。

プラズマクラスターが効いてるかどうか目には見えませんが、乾燥状態だと部屋の中で動いたりする度に花粉が舞ってしまいますので、加湿空気清浄機能を点けていれば花粉が湿って落ちるので効果はあると思います。

マメに掃除機を掛ける

花粉の季節はどんなに気をつけても外出後に体についた花粉や、洗濯物についた花粉が部屋に入ってきてしまいます。当然マットやカーペット、ベッドなどにそれらが飛び移ってしまいます。いつもよりマメに掃除機掛けを行うよう心掛けたほうがいいですね。

イライラで花粉症がひどくなる?ハウスダストアレルギー

またまた世界一受けたい授業ネタです。これはビックリしたんですが、イライラすると年齢に関係なく『加齢臭』が出てしまい、このニオイにハウスダストアレルギーを引き起こす原因のダニが寄って来てしまうそうです。ハウスダストアレルギーの人の8割は花粉症アレルギーを持っていることがわかっており、このことにより“イライラがハウスダストアレルギーを引き起こし、さらに花粉症を引き起こす原因になってしまう”ということになるようです。

なるべく穏やかな気持ちで過ごすことが大切ですね。

肌の保湿をする

あまり関係ない事の様に思えますが、花粉は呼吸器からだけではなく皮膚からも体内に吸収されるそうなんです。冬場の乾燥により『バリア機能』が低下してカサカサになった肌は、花粉が入り込みやすくなってしまうんだそうです。

化粧水や乳液などでしっかりと保湿し、肌のバリア機能を強化して花粉の侵入を防ぎましょう!

花粉症に効く食べ物や飲み物

花粉症に悩む皆さんは、日々の食生活の中で対策を取ってらっしゃる方も多いのではないでしょうか。アレルギーも体質ですから、食生活で体質を変化させることは根本的な対策として理にかなっていますよね。

ヨーグルト

「花粉症にヨーグルトがいい」というのは最近では広く浸透していますよね。なぜヨーグルトが花粉症に良いのか?それはヨーグルトに含まれている乳酸菌が、アレルギー症状の原因となる『Th1 』『Th2』などの免疫細胞のバランスの乱れを整えて、体の免疫力を高めてくれるからだと言われているんです。

スーパーへ行くと色々な種類のヨーグルトが並んでいます。どれを選べばいいんだろうと迷ってしまいますよね。私のおすすめを二つ紹介します。

KW乳酸菌ヨーグルト(小岩井)

ヨーグルトの乳酸菌が腸にいいと言いますが、そのためにはまず腸まで乳酸菌が辿り着かなければ意味がありません。KW乳酸菌は腸まで届くように作られた乳酸菌であり、アレルギー症状を抑制・改善するために作られたヨーグルトなんです。

R-1ヨーグルト(明治)

免疫力を高めてくれるとしてすっかり人気が定着したヨーグルトです。1073R-1乳酸菌はNK(ナチュラルキラー)細胞の働きを活性化させ、免疫力を高めてくれるので、花粉症にも効果があると言われています。

またヨーグルトを食べるタイミングは、乳酸菌が腸まで届きやすいように胃酸の薄まる食後が良いようです。さらに砂糖が免疫力に関係するビタミンBを減少させてしまうので、ハチミツや黒糖を入れて甘みをつけるのがおすすめです。

ですが、ヨーグルトがいくら花粉症にいいと言っても、あくまでも食品であり薬ではありません。1日2日食べたくらいで花粉症が治るような即効性はもちろんありません。習慣的に食べているか、最低でも花粉シーズンの2か月前くらいから毎日食べていなければ体質は改善されないそうです。あくまでも花粉対策の補助食品として食べるのがいいでしょう。

ヨーグルトは腸内環境を整えてくれるので病気の予防や美容にいいと言われていますから、花粉症に限らず食べて損はありませんね。

蓮根(レンコン)

花粉症に効果のある野菜、それは意外なことに蓮根なんです。

花粉が体内に入るとIgeという抗体が働きアレルギー反応を起こします。Ige抗体の作られる数が多くなると症状が強くなるのですが、レンコンに含まれるポリフェノールはこのIge抗体を抑制してくれるんです。

レンコンを皮ごとすりおろして甘酒と混ぜた『レンコン甘酒』は、乳酸菌とレンコンのポリフェノール両方の相乗効果で花粉症ににはとてもいいということです。2週間摂取した人の7割に効果が見られたそうです。美味しくて作り方も簡単なので花粉症の季節にはぜひ毎日飲みたいですね。

花粉症におすすめの甜茶『えぞ式すーすー茶』
花粉症におすすめの甜茶『えぞ式すーすー茶』
花粉の季節に一番こまるのが鼻づまりですよね? 以前書いた鼻中隔湾曲症の手術をするまではホントにまったく鼻から息...

花粉症の目のかゆみ・鼻づまりに効くツボ

ツボ押しは自分で体調を整えるために手軽に行える方法です。花粉症で起こる体の異変に対して有効なツボがあるので一部をご紹介します。

・攅竹(さんちく)

眉頭にある眼精疲労や疲れ目に効果のあるツボですが、目のかゆみにも効果があります。

人差し指か親指で5秒ずつグーッと押し込むようにマッサージします。

・承泣(しょうきゅう)

目のくぼみの下側の骨の部分にあるツボです。目の不調・目のかゆみに効果のあるツボです。中指などを使ってマッサージするようにほぐします。目の周りなのであまり力を入れ過ぎると危ないので気をつけましょう。

・鼻通(びつう)

小鼻の上のくぼみ辺りにあるツボでその名の通り、鼻の通りをよくするツボです。グーッとだんだん強めにしていく感じに押すことと効果が出てきます。

・迎香(げいこう)

鼻の小鼻のよこのくぼみにある“”香りを迎える”という名のツボです。ここに指を当てて下側に押し下げるように押し込むことで鼻の通りがよくなります。

・合谷(ごうこく)

手の冷えの記事の時に出てきたツボですが、体を楽にしてくれるので花粉症にも効くみたいです。

人差し指と親指からそれぞれ続く骨の交わるところにあるツボです。反対の手の親指で人差し指側に押すようにマッサージします。

その他、『世界一受けたい授業』によれば、首の後ろ(生え際の辺り)を人に挟むようにマッサージしてもらうと鼻詰まりが解消されるそうです。お子さんの場合は41℃くらいのシャワーを当てて温めてあげるのがいいそうです。

耳鼻科で花粉症治療の薬・点鼻薬などをもらう

わたしは花粉の季節が始まる10日くらい前には必ず病院に行きます。病院で処方される薬を花粉症の症状が出る前からあらかじめ飲んでおくことで、症状がかなり抑えられると思います。わたしは医師や薬剤師ではないので自分の使っている薬についてだけ書いていきます。

飲み薬

・クラリチン

アレルギーの症状を抑える抗ヒスタミン剤です。花粉症の薬は飲むと眠気がくるものがありますが、クラリチンは眠くならないのが特徴です。また効果が長く1日1錠で効くところもいいですね。わたしはこの薬でかなり症状が抑えられています。

最近までクラリチンは市販薬になっていなかったのですが、現在大正製薬から『クラリチンEX』という市販薬が出ています。ロラタジン10mg配合で1日1錠、医療用と同じです。

目薬

・バタノール点眼液

抗アレルギー薬が入った目薬です。ヒスタミンをの働きを抑えてくれます。目のかゆみ・充血・アレルギー性の結膜炎に効果があります。朝昼晩就寝前など1日何度か点眼しています。

・リンデロンA液

リンデロンには種類があるようですが、私は目を凄くこすってしまい真っ赤になるのでこの抗生物質入りの種類をもらっていました。眼圧が上昇する副作用があるようなので、あまり使い過ぎずかゆみが強い時だけ使うようにしていました。

市販の目薬に注意

市販の目薬はスーッとして気持ちが良いので、私も普段よく使っていました。しかし市販の目薬は防腐剤が入っているので、たまになら大丈夫かも知れませんが長期的に使うと目を傷つけてしまう恐れがあるようです。花粉の季節は普段より目薬を使う頻度が高くなると思うので、病院で処方された目薬を使うようにしたほうがいいようですね。

点鼻薬

・ナゾネックス

アレルギー性鼻炎のステロイド点鼻薬です。わたしはナゾネックスの青いキャップのものを処方されています。花粉症で一番きついのはわたしの場合鼻のつまりで、以前は全く息が吸えない状態で相当辛かったです。この点鼻薬を毎日使い続けていると鼻のつまりはかなり快適です。

・コールタイジン

コールタイジンは鼻のつまりを解消する作用がある点鼻薬です。鼻の粘膜のうっ血や腫れに即効性があってすぐに鼻のつまりを解消できるのですが、長期間使い過ぎると逆に鼻のつまりがひどくなってしまうそうなので注意が必要です。市販の点鼻薬もこの危険性が高いようです。

こちらは鼻のつまりがひどい間だけ使って、落ち着いたらナゾネックスを使うようにということで処方されました。

鼻中隔湾曲症

極度に鼻が詰まる人はこの鼻中隔湾曲症の可能性があるかもしれません。わたしは花粉症の季節やかぜを引いた時など、息ができないほど鼻がつまり、夜も眠れないほどでした。

初めに近所の耳鼻咽喉科で「鼻の穴の奥が狭い」と言われました。そこで鼻中隔湾曲症というものがあることを知り、専門のクリニックへ行き診断してもらいました。その結果、鼻中隔湾曲症と診断され、3年前に手術を受けました。

その専門のクリニックは東京の江東区の大島耳鼻咽喉科です。鼻中隔湾曲症だった場合、“日帰り手術”が受けられる病院がいいと思い、こちらを受診しました。日帰り手術なら長期の休みが取れない方や、あまり費用を掛けたくない方でも手術が受けられます。入院すると1週間くらいで20万円近くかかるはずですが、日帰りだと検査代含め5万円くらいでした。

大島耳鼻科はお子さん連れの方などで、いつも結構混み合っている感じの病院でした。医師は手術についての説明など、はっきりと解りやすく説明してくれる方でした。

鼻中隔湾曲症・日帰り手術の体験談

鼻中隔湾曲症の手術は簡単に言えば、“鼻の内部の粘膜を切開して、軟骨を切除する手術”です。

手術は、まとまった休みを取るために次の月に予約を取ってもらいました。まとまったといっても日帰り手術に必要な休みは4日くらいです。日帰り手術だと早く仕事に復帰できます。

先に手術内容や後遺症などに関する説明書きに同意のサインをして、少し待つと手術室に呼ばれます。

シートに座って椅子を倒したらまずは麻酔の注射をされます。鼻中隔湾曲症日帰り手術は局所麻酔です。鼻の中にチクリと(の3倍くらい)の痛みが走ります。それを両方の鼻に何本か打ちます。ここで痛みなどは感じなくなります。

感覚はあまりないんですが、鼻の中にメスが入った後、ノミのような器具でコンコンと骨に打ち込む感覚と、骨をグリグリ、バリバリと引っ張って剥がす感覚が響いてきます。まさに“突貫工事”といった感じです。

ですが、手術中は「どうにでもなれ。」という悟り?のような精神状態でした 笑

あとレーザーのような焼くような感じのメスを使っているようで、コゲ臭いような感じがしてきます。それと手術前に言われていたように、やはりすごい出血をするので、それが喉の方におちてくるのでそれは結構我慢しました。

全ての骨を取り除いたら、切開した粘膜を縫っていきます。

最後に止血のためのガーゼを入れていきます。長いガーゼが、そんなに入るものか?と思うくらい詰め込まれていきます。最後に蓋をして手術の行程は終わりです。

3年前なので細かいところは抜けているかもしれませんが大体このような感じです。手術にかかった時間は1時間もなかったと思います。しばらく病院のベッドで安静にしてから帰りました。前後合わせて病院への滞在時間は3時間半くらいだったと思います。

わたしの場合、病院と自宅が東京の東側と西側で結構遠かったので帰りがちょっと辛かったです。頭がすごくボーッとしてて…でも途中乗り換えの駅で降りて、その頃ハマっていたマンガの続きを探しに行くくらいの余裕はありました。

手術後の自宅での生活

手術当日は帰って安静にしてました。抗生物質と痛み止めをもらうのでそれはしっかり飲みました。やはり鼻にパンパンに詰まったガーゼと血で、完全に鼻呼吸ができない状態になるので食事と飲み物を飲む時と睡眠が辛かったです。1日2日はそんなに食べずにひたすらベッドに寝ていました。

3日目くらいからは食欲が戻ったので、味はあまりわかりませんが普通にご飯を食べてました。

術後のガーゼ抜き

その後何度か術後のケアのために病院へ足を運び、10日か2週間くらいで鼻のなかに詰まったガーゼを抜きました。「鼻中隔湾曲症の手術は、術後のガーゼ抜きが痛い」とネットでよく見かけたので、覚悟していました。が、わたしの場合そんなに痛くはなかったです。ハードルが上がり過ぎていたせいか、「え?もう終わり?」という感じでした。

最後は手術後1ヶ月後くらいに通院しました。その後3ヵ月?半年後?くらいに来てくださいと言われてたと思うんですが、それ以降行かなかったですね 笑

わたしは術後も特に後遺症や問題はありませんでした。

以上が私の曖昧な体験談です。

手術をした感想

わたしは、以前は鏡で鼻の中を見ると目に見えて狭かったんですが、今は空洞がしっかりとできています。そして花粉症の季節で鼻が詰まっても完全にふさがるということはなくなり、睡眠時に口呼吸になることもなくなりました。

たしかに手術から術後にかけてはそれなりに大変ですが、たった2週間程度の期間でその後の花粉症の季節の鼻詰まりや、いびきなどの鼻のトラブルを改善できたら、そのくらいは問題ではないと思います。

悩んでいらっしゃる方は鼻中隔湾曲症ではないかどうかまずは医療機関に相談して鼻の検査を受けてみてください。そしてもし手術の必要性があるようなら手術を受けることをおすすめします。

ヒスタミン注射(ヒスタグロビン注射)

2年前から通っている内科の病院で、花粉症の時もこちらにかかるんですが、そこの年輩の先生にすすめられたのがこの注射です。

減感作療法などは一つのアレルギー源に対して行う治療方法ですが、これはヒスタミンの反応を抑える注射で、花粉症だけでなくハウスダストアレルギーにも効果があるそうでです。

保険適用で1回数百円と安価で副作用もほとんどないので、薬をもらう時に売ってもらいます。「筋肉注射だからちょっと痛いよ。」と言われますが、私はそんなに痛くありませんでした。

ただ即効性があるわけでなく花粉シーズンの前から初めて1~2ヶ月の間に複数回打つことで効果が出てくる注射です。

ご興味がある方は病院でご相談されてみてください。

関連記事:

花粉症根治の唯一の方法。減感作療法は効く!
花粉症根治の唯一の方法。減感作療法は効く!
『減感作療法』についてはみなさん聞いたことがおありかと思います。 わたしも知ってはいたのですが、「効く...

その他、花粉症対策におすすめしたいもの

これまでご紹介してきた花粉対策や、病院での治療をしていれば花粉症はかなり抑えられると思いますが、さらにプラスアルファできるおすすめじょうをご紹介します。

吸入器

A&D 超音波温熱吸入器 ホットシャワー5 ピンク UN-135A-JC1

詳細は画像をクリック↑

超音波吸入器です。わたしが使っている吸入器は蒸気式の結構古いタイプですが、こちらの超音波吸入器は、細かい粒子を発生させ鼻腔内部で花粉やウイルスを排出している粘液線毛の働きを活性化します。乾燥の季節や風邪の時ものどのケアができるので家に一台あると重宝します。

北海道に行く

わたしの地元北海道です。東京で花粉の頃も北海道はとても寒いです。…が、北海道では花粉症などにかかっているという人を見たことがありません。気象協会の花粉飛散量情報も北海道はのけ者になっています。

いや、半分はネタでなく、花粉の時期はずっと北海道で生活すれば快適に過ごせると思います!『We  love Hokkaido.』(北海道ローカルCM)

今回は2017年花粉情報・花粉対策・花粉症治療についてでした。

みなさんお互いにがんばってこの時期を乗り切りましょう。

スポンサーリンク




お役に立ちましたらクリックお願いします!下のコメント欄への書き込みもお気軽にどうぞ!
人気ブログランキング

 

シェア