『Trekkinn』日本までの発送、税関を経て自宅到着までの日数

『Trekkinn』日本までの発送、税関を経て自宅到着までの日数

シェア

前回スペインのアウトドア通販サイト・Trekkinnでの注文から商品発送までを上げました。

『Trekkinn』登山グッズは海外通販が安い!でも、ちょっと考えたほうがいいかも?
『Trekkinn』登山グッズは海外通販が安い!でも、ちょっと考えたほうがいいかも?
はじめて登山用品の海外通販を利用しました。 海外の製品は、現地から個人輸入した方が日本で売られてる値段よりも安...

かなりの日数とTrekkinnとのやり取りをする手間を要したものの、なんとか発送してもらうまでにこぎつけました。

今回は、発送から到着までを時系列で追っていきます。

Trekkinn発送からヨーロッパを出発するまで

5月8日にすべての商品がそろったという表示に変わりました。

さらにその翌日9日にTrekkinnマイページを見ると、商品名右に『商品レビュー』や、『再度購入』のボタンが現れました。店側の処理としては終わったので、後はこちらに届いた段階でこれらを行ってほしいということですね。

この画面から配送状況を見ることができます。赤枠で囲った『配送状況確認』をクリックします。

するとこのような画面が表示されます。まだ配送状況の初期で何も記録がない状態です。

翌日の5月10日。こちらは日本語翻訳した状態の画面です。

左から、説明(配送状況)、日付、ロケーション(地名)の欄があり、上に行くほど最新の情報になっています。

翻訳の為か、説明がいまいちわかりにくいですが、「最終運送業者に引き渡される出荷」というのは、まだ発送元国内の配送業者に荷物を預ける前段階だと思います。

翌日11日です。配送状況画面の『あなたの小包に関するさらに詳しい情報』をクリックすると次のような画面になります。

この画面は世界中の全ての配送業者の情報を一括して追跡できる、17TRACKという外部のサービスです。特に追跡番号などを入れなくても『あなたの小包に関するさらに詳しい情報』をクリックした時点で自分の注文が追跡できるので便利です。

オレンジ色の文字の『宛先国』のところを見ると、現在荷物がオランダのアムステルダムにあることがわかります。

翌日12日。昼頃の時点では配送状況に動きがありませんでした。

ですが、その日の夕方過ぎに配送状況を確認してみると、そこには「かながわ、川崎橋」「交換所内到着」の文字が!

いよいよ、私の荷物が来日したというわけです。

Trekkinnで荷物が揃ってから、日本への到着までに要する日数は3~4日ということになります。

商品の日本到着 税関での通関手続き

ここからは日本国内の配送状況の追跡です。

上に挙げた17TRACKの画面の上段、『日本(日本郵政公社)』と書いてあるところ右側のトラックマークをクリックすると日本郵便のサービス画面へ飛びます

荷物の追跡で、これまでと同じ追跡番号を入力します。

到着翌日の13日に確認すると、通関手続き中とのことです。

通関の手続きは商品の数や、品物の区分・素材などによってかかる時間はまちまちだそうです。ネットの情報には「1週間経っていますが、まだ手続き中になっている。」とか、「川崎東の税関は遅い。」などの情報が散見しており、私は、また待たされるのかと内心やきもきしていました。

そして3日後の朝!配送状況が「国際交換局から発送」に変わりました!

後は日本国内での通販と同じ様に1日ほどで到着するのを待つだけですね。

無事?Trekkinnからの通販到着

そして翌日の5月17日、自宅ピンポンが鳴ります。そこには待ちに待ち焦がれた郵便局員さんの姿がありました。

そう、商品が手元に届いたのです!いやぁ、さすがに嬉しかったです。

こちらが現物です!

ちなみにこちらが今回Trekkinnにて購入した3点です。

  • 『Haglofs』のTRACK ジャケット
  • 『Izas』のマウンテンパンツ
  • 『Salewa』のドライTシャツ

海外通販したら「サイズが間違ってた」「違うのが来た」といったような情報も見ていたので、それも懸念材料だったのですが、そういうことはありませんでした。

それぞれのアイテムの詳しい解説は、また今度改めて書きます。

配達員さんに払った関税他

海外から個人輸入をする際に忘れてはならないのが、配達員さんに支払う関税、他の料金です。受け取った後で荷物の裏側を見るとこのようになっていて、いくつかの書類が入っています。

  • 納付書・領収証書
  • 国際郵便物課税通知書
  • 不服申立等について

他、手数料も払います。200円でした。

こちらに関税の計算方法を解説したサイトがあります。

税関

関税の計算はややこしいです。はっきりいってこのサイトを見ても計算嫌いの私はまったくわかりません。

合計購入額約22,000円として、関税計算方法を見ながら予めざっくりと計算をしていたのですが、消費税+関税+手数料で大体3,720円くらいだろうと思っていました。

しかし実際に払った金額は合計で2,500円ほどでした。「もっと高くついたらどうしよう」などと考えていたので、これは嬉しい誤算でした。

なので、関税について完璧に計算したい方は、バリバリ個人輸入しまくっている方が詳しく解説したサイトを参考にしていただきたいと思います。

Trekkinn通販のまとめ やはり日本で買ったほうが・・・

さて2回に渡って、初めてのTrekkinn からの個人輸入について書いてきました。

みなさんお気づきでしょうか?

私がTrekkinnで購入・支払いしたのは4月18日です。

商品が手元に届いたのは?

5月17日です。

ほぼほぼ1カ月ですね。

これは遅すぎだと思いました。もちろんイレギュラーがあったとはいえ、こちらには何の落ち度もないわけで。

注文してから到着までの間に私は3回山に行ってますからね。

「まだ肌寒いから登山用の上着がほしい!」と思って購入したHaglofsのTRACKジャケットは、すでに5月後半になってしまった時期の陽気では、ほぼ着る機会がありませんでした。

悔しいから普段使いで少し着たろと思ってきたら、暑がりなんで暑くて汗かきました。Hahaha!

つまり私が思ったのは「あれあれ?日本で買った方がよくないか?」てことなんです。

「いやぁ、いい陽気だなぁ。来週辺り山でも登ろうか!よし、Trekkinnで登山靴やウェアを・・・」という使い方は、あまり期待できないと思ったほうがいいかも知れません。

いくら通販と言っても、「別にいくら遅くなっても、急いでないからいい。」って、あまりなくないですか?やっぱりほしいと思ったら早く手に入れて使いたいですよね。

日本のECサイトは顧客対応もレベルが高いですし、商品の到着も早い、万が一のトラブルの際のやり取りにも困りません。

Trekkinnの利点は「値段が安い」この1点です。いわばこの値段の差は、日本の通販の安心・手に入るまでの早さを買っていると言ってもいいと思います。

私自身はお金がなかったっていうのもあってTrekkinnを利用しましたが、普通の登山を趣味にしている方でそんなにお金に困っている人はいなさそう、という勝手なイメージがあります。

するとそれくらいの値段の違いにあまり意味はなく、その時期に使いたいものを早く手に入れられた方がいいのかな、と。

日本では絶対手に入らない商品がほしい」などの場合だったら、Trekkinnを使うメリットはあるでしょう。

というわけで今回は、Trekkinnからの海外通販の記録でした。

お読みいただきありがとうございました!

お役に立ちましたらクリックお願いします!下のコメント欄への書き込みもお気軽にどうぞ!
人気ブログランキング

 

スポンサーリンク

シェア

SNSフォローボタン

フォローする

関連記事



スポンサーリンク