笑顔は美しい歯で決まる セルフホワイトニングで歯ミガキではとれない黄ばみを解消 

笑顔は美しい歯で決まる セルフホワイトニングで歯ミガキではとれない黄ばみを解消 

シェア

人付き合いは第一印象で決まる!なんて言いますが、人の印象を決めるものってなんだと思いますか?

目・肌・洋服・ヘアスタイル・・・どれも印象を決める上では大事です。

ある時お笑い芸人の今田耕司さんがテレビ番組でおっしゃっていたことがあります。だいぶ前のテレビでしたが今でも覚えています。

「女性のどこを一番見るか?・・・・・うーん、ですね!歯って、育ちが出るんですよ。歯がきれいだとちゃんとしてるんだろうな、と思います。」

細かいところは違っているかもしれませんが、こんな風なことを仰っていました。

これにはわたしもまったくの同意見です!

例えば、第一印象ものすごく綺麗で非の打ち所がないくらい素敵な異性が現れたとします。肌も透き通るように綺麗、スタイルもよくて「うわ~!」っていうくらいの。

これは「ぜひお近づきになりたい」と思い切って話かけたとします。

しかし!その魅力的な異性が「ニコッ」っと笑った時、その歯が…!

ものすごく黄ばんでいたら?

「・・・いやぁ~いい天気ですね。それでは!」

こうなりませんか?

もしかしたら「まったく気にしない」という寛容な方もいるかもしれませんが、多くの方は気になるのではないかと思います。

女性でも男性でも同じだと思いますが、特に女性の方が清潔感に厳しい人は多いのではないでしょうか。

人と関わる以上やはり、最低限のマナー、清潔感は必要です。

容姿の印象を変えるために、まず美容整形をしようと考える方が多いようです。

でも安易にメスを入れてしまう前に、まずは本人が本来持っている魅力を100%引き出すのが一番だと思います。

あなたの歯が本来持つ輝きを保つためのケア、きちんとできていますか?

なぜ歯が黄ばんでくるの?

歯の黄ばみには様々な原因があります。本人が意識せずに行っている日々の習慣が、歯の黄ばみを生み出しているかもしれません。

1.歯石などのよごれ

1日2回以上きちんと歯磨きを行っているいる人でも、歯のよごれをすべて落とし切るのはなかなか難しいものです。歯石などのよごれがたまってしまうと、黄ばみとして沈着してしまいます。また、そのよごれが口臭などのトラブルを引き起こしてしまいます。

2.コーヒーや紅茶、ワイン、タバコ

歯の黄ばみのもっとも多い原因となるのが、コーヒーや紅茶、タバコなどの嗜好品です。

コーヒーや紅茶、ワインにはポリフェノールという体にいい成分が入っているのですが、実は歯に着色してしまう原因にもなります。お茶を入れる容器ののフタや白いマグカップに洗っても取れない着色よごれがつくことがありますが、同じことが歯にも起こるというわけです。

タバコの場合はヤニが直接着色よごれとなってしまいます。

3.加齢による黄ばみ

加齢によってよごれが蓄積していくことも原因ですが、それと共に歯本来の色も黄ばみがかった色に変わってきます。これは歯の表面にあるエナメル質が薄くなってくることが原因です。ですから、歯のみがきすぎや力の入れ過ぎといった週間が逆に黄ばみを加速してしまうのです。

黄ばんだ歯』は人間関係で不利?

歯は口を閉じると隠れてしまう部分ですから、髪の毛や服装と比べて意外と手を抜いてしまいがちです。

しかし、自分が気にしていなくても、世間の人は周りの人の歯に対してけっこうシビアに見ているものです。ネットを調べてみると、

  • 「友達の歯が歯石がたまって笑うたびに気になる」
  • 「交際相手の歯が黄ばんでいてそこばかり気になってしまう」

このうような意見が多く見られました。

ビジネスの世界でも

エンゼル矯正歯科.com

上記サイトのデータによればビジネスの世界でも、黄ばんだ歯は相手に与える悪印象の筆頭に数えられています。

歯が黄ばんでいる同僚や取引の相手への印象に対し、8割以上の人が「笑顔の輝きが減る」「不潔に見える」と解答しており、なんと5人中1人が、歯が黄ばんでいると笑顔が100%イメージダウンすると答えているようです。

100%イメージダウンとは驚きですが、とにかくマイナスになることはあってもプラスになることはなさそうです。

毎日のセルフホワイトニングで黄ばみを改善

ホワイトニングと言えば審美歯科で受けられる治療が一般的です。

タレントやモデル、女優といった見た目に気を遣う職業の方たちは、こういったケアをされているイメージです。

ですが、お金に余裕がある人でもなければ、ホワイトニングをやってみたいと思っても、その費用を考えるとなかなか難しいところですよね。特に学生さんや一人暮らしの若い人には敷居が高いような気がします。

そのほか、「ホワイトニングをしてくれる歯医者さんはたくさんあるけど、どこがいいのかわからない」という方や、「忙しくてなかなか歯医者さんに通う時間が作れない」という方もいらっしゃるでしょう。

要するに、「お金もかかるし、通うのに時間も作らなきゃいけないし、面倒!」

ということなのです。

やはり一番良いのは自分でできる毎日のケアで歯を白くすること、セルフホワイトニングです。毎日の習慣を見直し、日々努力するだけでも白い歯をキープすることは可能です。

歯に着色しやすい習慣を見直す

上記したようにコーヒー、紅茶、タバコなどの嗜好品を減らすか、やめることも改善手段です。ついたよごれを落とすのはなかなか大変ですが、初めからよごれのつかない生活を送っていれば、白い歯を保つことは容易です。

その他、ワインなど、食べ物や飲み物の中でも特に色素の強いものは、歯への着色度合が高いのでなるべくひかえた方がよいかもしれません。

歯ミガキの習慣

白い歯をキープするには歯ミガキは最も大切な習慣です。毎食後に必ず歯をみがくように 習慣づけることで黄ばみの原因を作らないようにすることができます。

また、ただみがくだけでなくみがき方も重要です。

歯みがきを短い時間ですませてしまう人もいるようですが、食べかすや歯垢などのよごれが残ってしまう可能性が高いです。またみがき方にくせがありいつも同じ部分がみがき残しになってしまうパターンもあります。

このような場合歯医者さんに行くと沈着した汚れをクリーニングしてくれるだけでなく、みがき残しのある部分や正しいみがき方を教えてくれます。

また、ホワイトニング力を高めてくれるものをお探しの方は、歯の美しさに対する意識が高い欧米5ヶ国で注目されている歯の美容液があります。

からだにも安全安心な自然由来成分によって、歯のエナメル質を傷めることなく黄ばみを解消してくれる製品です。なるべく早く白い歯を手に入れたいという方は一度ご使用されてみてはいかがでしょうか。

プレミアムブラントゥース・公式ページ


友人関係やビジネスシーンなど、人と関わる中で、黄ばんだ歯は本人でも知らず知らずのうちに周りへの印象を悪くしているかもしれません。

歯は毎日の習慣を見直すことやケアを怠らないなど、ご本人の意識次第で改善できる部分です。

見た目を大きく変えなくとも、それだけで印象をアップできるのならやらない手はありませんよね。

美しい笑顔の秘訣は白く美しい歯から。

最後までお読みいただきありがとうございます。

こちらも読まれています。

第一印象は外見だけでなく口臭ケアも等しく重要!原因や改善方法を調査
第一印象は外見だけでなく口臭ケアも等しく重要!原因や改善方法を調査
暖かくなってきましたね。もうすぐ春です。 そして春と言えば多くの人が新生活をスタートさせる季節でもあります。 4月には多...

お役に立ちましたらクリックお願いします!下のコメント欄への書き込みもお気軽にどうぞ!
人気ブログランキング

 

シェア

SNSフォローボタン

フォローする

関連記事