顔の中心にある鼻はお金にまつわる運勢を決める 鼻の不調で金運が下がる?

顔の中心にある鼻はお金にまつわる運勢を決める 鼻の不調で金運が下がる?

シェア

美容整形が一般的に普及してきましたが、多くの人たちが「手術でもっと形を美しくしたい」と思う顔のパーツは『目』。そして、次いで需要が高いのが『鼻』なのだそうです。

「目鼻立ちが整っている」という言い方がよくされるように、目と鼻はワンセットで見られます。

他人からはとても可愛く見える人でも、「目の形は気に入っているのに、鼻がもっと高かったら・・・」などと言った悩みを抱えている人も多くいます。

特に日本をふくむアジア人は、欧米人に比べて鼻が低めだったり丸かったりするために、欧米人のような高く筋の通った鼻へのあこがれが強いようです。

個人的な意見ですが、目の場合は、一重にも二重にもそれぞれちがった魅力があります。美容整形で人気なのは二重ですが、一重も『アジアンビューティー』と表現されるように、アジア人特有の魅力があります。

ですが鼻の場合は、高く筋の通った鼻が一番いいとされ、そこから遠いほど美しくないと感じてしまう、いわば「減点方式」の見方をします。

それゆえ鼻の美容整形を受ける人は「整っていないから整えたい」と思ってしまうのでしょう。

顔の中心にある鼻はその人の運勢を左右するといても過言ではない重要な部位です。今回はそのように多くの人が気にされる鼻の形を、人相学の視点を交えて取り上げていきます。

人が千人いれば千人それぞれの鼻の形があります。

鼻には金運(財運)、その人の持つプライドの高さ、人情、意思の強さなどが表れます。そのほか鼻をふくむ目の下から口の上までの顔の中盤エリアは、20代中盤以降~40代中盤までの人生運を表しています。

こちらではさまざまな鼻の特徴の持つ運勢や才能について上げていきます。

高い鼻

意志の強さ、決断力を持ち、リーダーになる素質を強く持っているタイプです。プライドが高く、組織の中など与えられた枠組みの中で行動するよりも、自分の考えで物ごとを決定し実行していきたいと考えています。

個人事業や会社の経営など責任ある立場の方が能力を発揮できるタイプです。

安定よりも上昇志向で積極的に挑戦していくスタイルは、日本人よりも欧米人に多いと言えます。

マイナスポイントは「自分が常に正しい」と思いがちで、ワンマン的になってしまうところです。周りを思いやり、人の考えにも配慮することで組織が円滑に動くようになり、よりよい成果を上げられるでしょう。

低い鼻・小さい鼻

かんたんに言うと高い鼻の逆なので、自分で意思決定したりするよりも与えられた仕事・任務を忠実に遂行できるタイプです。

親しみやすく可愛がられることから、上司や取引先など上のタイプから気に入られることに長けているので、営業などのサラリーマンや2番手で力を発揮します。さらに制作側やファンの要望にこたえるタレントやアイドルなどもこの鼻のタイプが向いています。

短所はやはり意志が弱いので、自分で物ごとを決定する力や行動力がなく、流されがちなところです。そのため悪い人につかまればいいように利用され、人生を左右されてしまいかねません。

信頼できるトップについて、期待に応えていくことで成功の道が開けます。

横に広い鼻

小鼻が横に広いタイプです。鼻の美容整形を受ける人には、広い小鼻を気にして小さくしたいと考える方もかなり多いようです。

しかし、実は鼻の広さは金運の大きさを表しています。太っ腹でお金まわりのいい人にはこの広い小鼻の人が多いのです。仕事や事業で成果を出し、投資や人脈を広げて成功していくタイプです。

顔相では、顔と運勢は相互関係にありますから、小鼻が広くてお金が回ってくるタイプだったのにもかかわらず、美容整形で鼻を小さくしてしまったために、金運も小さくなってしまった、下がってしまうということも起こり得ます。

そのため、「小鼻の広さを気にして整形を考えているけれど、現時点でお金に不自由のない暮らしをしている」と自分で感じられている方は、整形するべきか今一度よく考えてみた方がいいかもしれませんね。

わし鼻

鼻が低い・小鼻が広いといった悩みのほかに、鼻が高いのに治したいという人が多いのがこの『わし鼻』です。『わし』というのは鳥の鷲からきているもので、上部の鼻骨が高く、鷲のくちばしのように下に向かってカクッと曲がった形をしていることからそう呼ばれています。

タレントや俳優さんにもこの鼻の形は多いのですが、実際にこの鼻を持つ人にとってあまり好きではないと感じるようです。

昔話や童話に出てくる意地の悪い魔女がたいていこのわし鼻で描かれていますが、顔相から見てもやはりお金への執着や、他者への打算的な考え方をする人に多く見られる傾向です。特に鼻の頭の肉づきが少なくとがっている鼻は薄情だとされますので、その二つが合わさった鼻はよくないと見られます。

ただし、悪いところだけではなく、わし鼻は頭脳明晰な人に見られます。そのほか意志が強く、目標に向かって挑んでいく闘争心を持っている人でもあります。このことからリーダー気質のある人物と見ることができます。

お金の面であまりケチケチせずに太っ腹な姿勢で人と接することで人望を得られます。そうすることでより目標への道が開けるはずです。

鼻をさわるのはNG行動

ここからは、金運やまさに働き盛りである人生の中盤期の運勢を表す鼻にとってよくない行動や症状を取り上げていきます。

単純に美容の点から見ても、鼻をよくさわる人は、エスカレーターや電車の手すりなど雑菌が付着した部分をさわった手で、鼻をさわってしまう機会が多くなりますので、皮膚が炎症を起こしたりニキビができる可能性が高くなります。

さらに鼻をよくさわるクセのある人は他人から見てもあまりかっこうのいいものではないですし、鼻は顔の中でも脂っぽい部分なので、不潔感を感じさせてしまいます。

顔相視点から見ても、そのように鼻をよくさわるのはよくない行動です。

鼻にはその人の持つ財運・金運が表れますので、鼻の色つやがその人の持つ資産の善し悪しをそのまま表していると言えます。

鼻にニキビや黒ずみを作ってしまうことは、財を逃がすことにつながります。

顔相には、よくない運勢が顔に表れ、その逆に顔を改善すれば運勢も上がるという考え方がありますので、普段から洗顔で鼻をきれいに洗う、鼻をさわるくせがある人は気をつける、といったことを心がけることが大切です。

鼻の色つやを改善し、ゆたかな財運をきずきましょう。

鼻炎は積極的に治療

また鼻炎も同様です。鼻炎はただちに命にかかわる病気でもないがゆえに軽視され、放置されてしまいがちですが、顔相的に鼻の通り具合がそのままその人のお金の出入りがスムーズかどうかをあらわすといったふうに、金運のバロメーターになります。

鼻声になると相手に取って聞き取りずらい声になり、友人や恋人との会話・商談などといった人間関係の障害になります。鼻炎のひどい人だと、数秒おきに「ズ~ッ!ズ~ッ!」と鼻を大きくすする音を出しますので、人に不快感を与えてしまいます。

これはビジネスで成果を出す上で障害となること、また、恋愛のチャンスをつかみ損ねることにもなりかねません。

また対人関係だけでなく、鼻炎がひどくなると無呼吸症候群・睡眠障害といった弊害を引き起こす可能性があり、クオリティー・オブ・ライフを著しく下げる要因になりえます。ということは結果的に仕事、ひいては金運に悪影響を与えることになります。

鼻炎がある人は放置せず、鼻うがいをしたり、病院で治療を受けるといった対処をすることが必要です。

まとめ

今回は人相学から見た鼻の形にまつわる才能・運勢、そして金運を左右する鼻へのNG行動などを取り上げてきました。

鼻をふくむ顔の中盤エリアは人生の中年期を運命づけると書きましたが、この中年期は仕事や結婚など、まさに人生を決定すると言っても過言ではありません。

現状で仕事が上手くいかなかったり、お金の悩みがあったりといった、人生の停滞を感じている方は、日常生活の中での鼻に対するクセや不調を改善することで、快方へ向かうかもしれません。

ご自身の鼻の色つや・鼻の通り具合が万全かどうか、今一度見直してみてはいかがでしょうか。

それでは、ご訪問ありがとうございます。

スポンサーリンク




お役に立ちましたらクリックお願いします!下のコメント欄への書き込みもお気軽にどうぞ!
人気ブログランキング

 

シェア