「生きるのがツラい」そんな時こそ笑え!『笑顔』は不幸を打破する最大の武器

「生きるのがツラい」そんな時こそ笑え!『笑顔』は不幸を打破する最大の武器

シェア

ポジティブシンキングが幸せを引き寄せることは、これまでにも多くの人が提唱してきたことですが、多くの人がそういうからにはやはり意味があります。

「ずっとネガティブな気持ちでいれば幸せになれる」という意見はありませんよね。それはやはり後ろ向きで暗い思考の人が幸せになったケースがほとんど見られないからでしょう。

あなたのまわりで幸せそうに暮らしている人を思い出してみてください。ふだんからよく笑っている印象ではないでしょうか?

そのような人たちを見て「幸せだから笑っている」と思っている人もいるかもしれませんが、その人たちは暗い顔でいたのに、たまたま幸せになったわけではありません。

笑ってすごしていたから今幸せでいられるのです。

笑顔は不幸を払い退けるための強力な武器です。

今現在、毎日の生活に苦しさを感じている人は、今のご自分を振り返ってみてください。

あなたはこの武器を持っていますか?

すっぽんコラーゲン

『笑う門には福きたる』は生理現象

暗い顔をしていれば誰かがかまってくれると思っている人がいますが、暗い顔をしている人のところには人も寄りつかなければ、幸せもやってこないものです。あなたは暗い顔をしている人のところに行きたいと思うでしょうか?

笑顔になると人のからだにあることが起こります。それは『セロトニン』というホルモンの分泌です。

口角を上げるつまり笑顔になったりほほえむだけで脳が活性化し、このセロトニンが分泌されます。セロトニンは『幸せホルモン』とも呼ばれています。

セロトニンは早寝早起きや、太陽を浴びる事でも作られますが、セロトニンが不足するとネガティブシンキングになりやすくなり、その状態が続くとうつ病を引き起こしやすくなるとも言われています。

暗い顔をしていることでセロトニンが不足し、ネガティブになる。ネガティブになると暗い顔でいることが多くなりセロトニンが不足する。さらにストレスで不眠などを引き起こすなど、まさに負のスパイラルといえる状態におちいってしまいます。

私は『幸せな人生はセロトニンがつくる』と考えています。幸せな人はセロトニンが正常に分泌されている人なのです。負のスパイラルを脱出する方法は、『毎日朝の日の光を浴びてを笑顔で過ごすことを習慣づけること』これだけです。

これが昔から言い伝えられてきたことわざ『笑う門には福来る』のメカニズムなんですね。

まずは○○に笑いかけてあげてください

「笑顔が苦手」な人っていますよね。でも、正確には自分で勝手にそう思い込んでいるだけです。

たしかに人間は機械ではありませんから、百人がいれば百人に個性があり、得意不得意なこともあります。ですが、笑顔は誰もが持っているものです。

「どうしても人前だや人と会話することが苦手で笑顔になれない」とう方もいます。

そういう人はまずは笑顔の練習をしてみましょう。子供のころにできなかったことが今はたくさんのことが今はできているように、人は練習することで何でもできるようになります。

笑顔の練習方法。それは『鏡に向かって笑うこと』です。鏡の中の自分に向かって笑いかけてあげましょう。

単純なことのようですが、人は笑顔の人を見ると安心したり幸せな気持ちになったりします。鏡の中の自分と笑いかけあうことで、自然と笑顔がつくれるようになっていきます。

周りに人がいる時は恥ずかしいですが、一人の時は積極的にやってみてください。

精神的なことだけでなく、続けている内に笑顔の表情筋が鍛えられて、さらに笑顔が身についてきます。その内に、人と話している時でも明るい笑顔がつくれるようになっていきます。

あなたの笑顔で、人が安心したり幸せな気持ちになったりすれば、あなたももっといい気分になりますよ。

フェイシャルエステ

環境に左右されるのは他力本願的思考

「楽しくないから笑えません」「幸福じゃないから笑えません」

これは「待っていれば空から幸せが降ってきてくれる」と思っている人の考え方です。

たとえばサッカーでボールが回ってきても、つっ立っていてはゴールは決められません。「幸せじゃないから笑えません」というのは動かずに「点が入りません」といっているようなものです。

ゴールも幸せも自分で取りに行くものです。「だれか早くゴールを決めてよ」と嘆いてるだけの人には誰も協力したいと思いませんよね?

たとえばタレントやアイドルもみんな笑顔が基本です。外国のトップスターも輝かんばかりの笑顔で話します。終始真顔や暗い顔の人だったら人気を得ることができたでしょうか?私は無理ではないかと思います。

また、どんな偉人や成功者も初めはただの人でした。ネガティブ思考のままものごとに取り組んで、成功をおさめた人などいません。みな前向きに一つのことに打ち込んだ結果、周りの人のサポートを得て、偉業を成しとげることができたのです。

何ごとも笑顔で取り組みましょう。周りの環境がよくないからといってあなたがそれに合わせることはありません。あなたの世界はあなただけが作るのです。

「人格とは 繰り返す行動の総計である」という言葉がありますが、普段から心がけていれば行動が変わり思考が変わります。あなたという人間が変わるのです。

まとめ

ポジティブの押し売りと言われるようなことは私自信も好きではないのですが、一番心にとどめておいてほしいのは、自分の人生を形づくるのは結局自分自身だということです。

人に言われようが言われまいが別として、現状が上手くいかなくて人生が辛いと感じているなら、笑顔という不幸を払いのける武器を持つ必要があるのかもしれません。

人を幸せな気持ちにさせてくれる人は必ずいい笑顔を持っています。

人とのかかわりを断絶してたった独りきりで生きていくというのは不可能です。自分が幸せになるためには、自分が人を幸せにできる存在でなければならない、と私は思います。

ぜひ今日からあなたの一番いい笑顔で人を幸せにしてあげましょう。

それでは、こちらの記事はここまでです。このたびはご訪問ありがとうございます。

スポンサーリンク




お役に立ちましたらクリックお願いします!下のコメント欄への書き込みもお気軽にどうぞ!
人気ブログランキング

 

シェア