アクセスを集める良いブログ記事を書き続けるためのコツや心がまえ 

アクセスを集める良いブログ記事を書き続けるためのコツや心がまえ 

シェア

ブログをはじめたばかりの初心者の方、アクセス数が増えないと悩んでいませんか?

私もブログをはじめた最初のころはよく気にしていました。ちょっとのアクセス増加や減少に一喜一憂してたことを思い出します。

しかし、これは悩んでいても解決する問題ではないんです。

ダイエットするためには体重計に乗ることではなくで、運動することが重要なことであるように、ブログを書く上でいちばん気にしなければならないのは『アクセスの増減を気にすること』ではなく『記事の更新』です。

記事が少ないブログに小細工で人を集めても、たかが知れています。

今回はブログを続ける上でもっとも大切な記事の更新についてのお話です。ご参考にしてみてください。

書くことが好きであること

『好きなことを仕事にする』『好きなことでないと成功しない』これは今ではもはや常識と言ってもいいほど、認知されていることですよね?

好きでないことで、強制されないことは100%長続きしません。

私がブログを書き続けていられるのもヘタの横好きです。ヘタでも好きなことなら続けられます。こう言っては何ですが、私より文章を書くのがヘタでも成功しているブロガーさんはいます。

成功しているのは更新を続けていたから、つまりブログを書くのが好きだからです。

成功するために続けていたのではなく、好きなことを続けていたら成功していた。と言ったほうが正しいかもしれません。

もし「文章を書くことが好きじゃないし、楽しいとも思わないけど、稼げそうだからブログをやりたい」と思っている人がいたら、「やめたほうがいいですよ?」と言います。「それよりも、好きなこと、楽しいことで稼ぐ方法を考えた方がはやいですよ」と。

なぜなら時間を無駄にしてしまう可能性高いからです。

好きなことならば、結果がどうあれ、ついやした時間が無駄になったとは考えません。そしてそれが成功の秘訣です。

楽しい仕事・体験をする

以前ドラマで『引きこもりだけどブログでアクセス集めて稼げるようになりました』みたいな物語があったんですが、これは現実的に難しいですよね?

だって、何も書くことが無くないですか?

ただ一つ例外があるとすれば、自由に使ってもいい潤沢(じゅんたく)な親の資産がある場合でしょうか。

お金にモノを言わせれば、パソコンやスマートフォン・ゲームの新製品などを通販で買いまくったりしてレビューすることで、記事を書くことができます。

ただし、外に出ているとは言っても、毎日ただお金のためにしている仕事も記事にするのは難しいでしょう。できたとしても、それこそただの日記ですから、おそらく誰も読みたいと思いませんよね?

要するに、人の興味を引くブログ記事を書くためには、人の興味を引く体験をしていることが絶対的に有利なんです。

自分の仕事を自分が面白いと思っていれば、それを記事にすることでほかの人も面白いと感じてくれることは十分にあり得ます。それが人の役に立つ分野で多くの人が知りたいと思っていることならなおさらアクセスが集まる可能性は高いでしょう。

仕事がおもしろいものでなければ、記事を書くためにアフター5でなにか面白いところに行ったり、おもしろいものを買ってきたり、旅行に行ったりしてネタを作らなければなりませんね。

そのため、雑誌やTwitterやニュースアプリなどを使って、情報に対してアンテナをつねにはっておくこともブログのアクセスを集めるために有効なことです。

本を読む

自分の知識だけでは人に読んでもらえるブログを書くことは難しいです。「自分はこう思う」の繰り返しだけだと日記とあまり変わりなく、自己満足のブログで終わってしまいます。

そこで自分の興味のあることに関連した本を3冊くらい買ってきて読んでみることをおすすめします。自分の考えを裏づけることができますし、新しい知識を得られるので、スラスラと書くことが出てきます。

ですが、注意しなければならないのは本に書いてあることの丸写しをしてしまうことです。それは文章からなんとなく読んでいる人へ伝わってしまいます。

本を読みながら交互にブログを書くのではなく、読み終わってから本を見ずに自分の知識として書いていきます。そうすることで自然と自分の言葉になります。「あれ、なんだったっけな?」と思った時だけ再び本を開いて確認するようにしましょう。

すでに一つのことについて他の人よりもめちゃめちゃ詳しい人は、記事なんていくらでも書けますよね?

極端な話、40年~50年大工さん一筋でやっていた人が、引退してから家を建てることについてのブログを解説したら、すごく濃いものが書けるはずです。もちろん文章を書くことが得意でなければそこは勉強しなくてはなりませんが・・・。

ですから、良いブログ記事を書き続けるためにはまずは特定の分野で普通の人よりも知識をえることです。そのために読書は有効な手段なんです。

時間を決めて書く

ブログ更新を続けるための心がまえとしてよく『必ず1日1000文字以上1記事更新する!と決める』というようなものがありますよね?

ですが、これでは不十分、というか目標があいまいです。

この場合「今日は気分が乗らないから、今日の分と2記事あした書けばいいや」ということがまかり通ってしまいます。で、次の日1記事書くのに時間がかかってしまい、結局「まぁ、1記事書けたからいいか」となってしまいます。

これが、「毎日更新して3ヵ月ちょっとで100記事達成するぞ!」と決めた目標を半分も達成できていない人が多い理由です。

このことを打開する秘訣は『1日1記事書く!』ではなく『○時~○時までは記事を書く!』と決めることです。

『1日1記事書く!』では、いつやり始めるかがあいまいなんですね。だからズルズルと書かないままその日が終わりをむかえてしまうわけです。

私は時間を決めてブログを書いており、その時間で書き終わらなければまた次の日に持ち越します。1記事書き終わっても、時間があまっていれば別の記事を途中まで下書きして保存して終わります。

このように習慣づけると1日1記事書けないことがあっても、『1日1記事1000文字書く!』よりも安定して更新することができます。

思い返せば私も、ブログを始めた当初は「1記事1000文字も書くの?できるのかな?」なんて不安でしたが、今では何を記事にしても2,000文字に納めることが難しいです。

さらに言えば、ブログを書くのに時間を作れるならおすすめは午前中です。夜はすでに集中力を使い果たしているので、文章を書く作業には適しません。ダラダラと長くなる上に、誤字脱字も増えます。さらに睡眠時間に食い込めば、次の日を寝不足で無駄にします。

『午前中の○時から○時までの間ブログを書く!』これが更新の秘訣です。

「時間が足りない」「何もせず1日が終わってしまう」と感じている人 改善のカギは『雑念』にあった!?
「時間が足りない」「何もせず1日が終わってしまう」と感じている人 改善のカギは『雑念』にあった!?
皆さんは日ごろこんなふうに感じていませんか? やりたいこと、やらなきゃいけないことがあるのに、あっという間に一...

アクセス数を気にしない

ブログにアクセスを集めたいということは、当然アフィリエイト収入を得ることを目標にしている方が多いはずです。

しかし、Google Adsenseをはじめて間もないうち多くの人は、記事を10か20書いて1記事中に3つアドセンスはり、「さて、今日の報酬はいくらになってるかな?」と、希望的観測で確認しに行き、愕然とします。そしてそれをしばらく繰り返したのち、「稼げない!」とブログをやめてしまいます。

しかし、そんなにかんたんにみんな稼げるなら、多分世の中誰も雇われて働きたいと思わないのではないか、と私は思います。

たとえば同じジャンルでほかの人がみんな稼げていたら、自分のブログに人が集まらずに稼げないのではないでしょうか。だれでも稼げるから自分も稼げる?『パラドックス』が生まれます。

ほかのみんなが稼げていないから、自分が稼げる可能性があると私は思います。

そして、それには突出している必要があります。具体的には記事数や内容(おもしろさやお役立ち度)です。

客観的に考えて、自分自身が人の書いているブログを見に行った時、どれだけの回数広告をクリックしますか?

そう考えれば、アドセンスで満足のいく広告収入を得るために、どれだけのアクセスを集める必要があるかわかりますよね?

パッとやってパッとお金がほしいなら、外にアルバイトしに行った方が断然早いし高収入ですよね?

お金持ちの家に生まれるか、宝くじを当てる以外の方法で不労所得を得るためには、コツコツと積み重ねることが必要不可欠です。

月100円・・・月1,000円・・・月10,000円と。

ですから、初めの内はアクセス数やアドセンスの報酬額を気にすることは必要ないと私は思います。

いや、むしろ1日の初めにアドセンスのホームを確認して「全然稼げてない・・・なんで??」などと集中して記事を書くことに雑念をおよぼすくらいなら、アドセンスをはることすらしなくてもいいのではないでしょうか?

とくにアドセンスでは記事が2、3つしかないブログにアクセスを集めてもどうしようもありません。来た人が読むものがないのですから。マンガ喫茶行くならたくさんマンガがある店に行きたいですよね?

アドセンスをするならせめて100記事・・・最低でも50記事くらいは書いてから広告をはった方がよさそうです。更新し続けていたら、いつのまにかアクセスが集まり広告収入が入るようになっていた。これが正しいでしょう。

漢字をなるべく使わない

ブログにアクセスを集めるには、多くの人に読んでもらわなければなりません。多くの人というのは老若男女すべてということになりますが、それを考えた時にブログ記事文章内におけるひらがなの数を多くした方が有利なのです。

パソコンで書いていると、何を書いても漢字変換すれば苦もなく出てきます。

ですが、読んでくれる人にとって読めない漢字かもしれないということに注意しなければなりません。

今は中学生くらいでもみなさんPC・スマホを使ってインターネットをします。ですから中学生でも読める文章にする。さらに言うと、同じ中学生でも読める人と読めない人がいるかもしれませんので、それらすべての人に読んでもらえる文章であることが大事です。

ですから、私はかんたんな漢字以外はあえてひらがなにしています。←たとえばここの『簡単』もそうですし←ここの『例えば』もそうです。書いたあと読みなおしてひらがなに変えることもよくあります。

これらもかんたんな漢字と言えばそうなんですが、逆のニュアンスで言うと、漢字にしないと読みづらいところ以外はすべてひらがなにするという感じでしょうか。ひらがなだけにしてしまうのもまた伝わらないですし、アホっぽい文章になってしまいます。

単純に見た目の印象もあります。漢字ばかりだと画数が多いので、ブログ記事全体が黒々としておかたい感じになりスッキリとしません。だれもおかたいものを読みたいとは思っていないのです。パッと見ただけで「なんとなく」去っていってしまうこともあるかもしれません。

ですので、なるべくひらがなを使って書きましょう。記事全体で漢字の使用は20%前後で良いのではないかと思います。

↓こちらのサイトで文章の漢字使用率を解析できます。

ギャル文字ドットコム

まとめ

まだ書きたいことがあるのですが、悪い癖でどんどん脱線していくので今回はここまでにして、また第二部につなげたいと思います。

聞いた話ですが、成功の秘訣はただ一つで「1つのことを長く続けること」だそうですよ。

考えてみれば、職人さんも音楽家さんも学者さんも、一つのことを長く続けてきたから名声を得たわけですね。「最近始めました」や「たまにやってます」くらいの人が有名になれるわけありません。

ブログも同じです。『稼いでいる有名なブロガーだから記事を書き続けている』ということの前に、『記事を書き続けているから稼いでいる有名なブロガーになれた』のです。

それから、見出しにするほどのことではなかったのですが、1つアドバイスがあります。

完璧を求めないことです。

もちろん誤字だらけで適当なことばかり書いていても信用をなくしますが、はじめから完璧を求めすぎると記事の更新が遅くなります。「完璧主義は折れやすい」と言います。

完璧を求めたからと言ってアクセスが集まるとは限りません。いちばん大事なのは読んでくれる人たちを楽しませ、価値を感じてもらうことです。それがブロガーにとっての成功だと私は思います。

成功するまで書き続けましょう!これが重要です。あとのことはどうとでもなるでしょう!笑

お役に立ちましたらクリックお願いします!下のコメント欄への書き込みもお気軽にどうぞ!
人気ブログランキング

 

スポンサーリンク

シェア

SNSフォローボタン

フォローする

関連記事



スポンサーリンク