前歯は幸運を呼び込む門 出っ歯の人、歯並びの悪い人の性格は?

前歯は幸運を呼び込む門 出っ歯の人、歯並びの悪い人の性格は?

シェア

運気を上げるもっとも良い表情は笑顔です。

そして笑顔になった時に必ず見えるものは『歯』です。歯が人から見てどのように映っているかによって、その人の運勢は左右されるのです。

歯並び、特に上下の前歯のかたちは、その人の性格を表すものと言えます。とくに前歯は重要で、前歯に問題があると人間関係や金運など人生においても何らかのトラブルを抱えたりする場合が多いのです。

今回は歯並びや歯のかたち、そのほかの特徴に観られる顔相を解説していきます。

歯並びのよい人は素直

歯並びのよい人は素直な性格の持ち主で、家族や身の周りの人との良い縁が築けます。

人付き合いが良好であるということは職場環境や取引先などとの関係も円滑になるので、出世や成功のチャンスも多くなります。

日本はオーラルケアなど清潔さに関しては一定の水準にありますが、歯並びへの意識が欧米諸国に比べてまだまだ低いのが現状です。そのことが関係しているかは定かではありませんが、欧米人の方が笑顔で人と接している人が多いように思います。

歯並びの悪い人はそのまま外面が内面を表しており、天邪鬼で素直さに欠けるところがあるます。そのため人間関係であつれきを生みがちで、家族との仲に問題がある人もいるようです。また異性関係においても、上手くいかなかったり、幸せな関係を築けなかったりします。

自分自身が歯並びに自信が持ててないと笑顔への自信ダウンにもなりますので、どうしても人と接する時にそれが相手に伝わってしまいます。顔を伏せがちだったり口を隠したりと、表情に素直さがなくなってしまうのです。すると対人関係で信用を得られないなどマイナスになります。

そして歯並びは金運にも関係しています。

人付き合いがよく人脈が多い人は自然とお金のめぐりの中に身をおくことができるからです。仕事仲間・友人関係が多い人はお金にも困ることがないものです。アクシデントが起きても普段いい人付き合いをしている人ならば誰かが助けようとしてくれるのです。

さらに歯並びはその人の持つ根気や辛抱強さも表しておりますので、仕事で一人前になれるか、つまり出世できるかどうかにも関係しています。よっぽどのことが無い限り短期間で上に行けることはありません。ある程度下積み期間が必要になります。

歯並びのきっちりおさまっている人は根気強く一つのことを達成できる人が多いのです。

逆に歯並びが悪い人は飽きっぽく、少し失敗すると投げ出してしまうタイプです。とくに前歯にすき間がある人には強くその傾向が出ます。すき間から金運がこぼれ落ちているかのように不思議とお金が手元に残らないのです。

気になっている人は矯正歯科などに相談してなるべく早く治すのがよいでしょう。

また内面を変えるためには、まず人の話を聞くことを心がけ、あやまるべきところは謝り、お礼を言うべきところはお礼を言います。自分でしているつもりでも相手に伝わらないのでは意味がありません。人運を呼び込むためには素直さや謙虚さが必要です。

そして当然歯並びだけでなく、虫歯を放置しておくのもご法度です。

まれに歯磨きなどのオーラルケアに対する意識の低い人がいますが、こういう人はあらゆるチャンスを逃している可能性があります。

前歯に黄ばみや虫歯の黒ずみがある場合、たとえ本人は気に留めずに満面の笑みで人と接していたとしても、今度は笑顔自体が負のオーラを発します。対面した人はいい気分がせず、付き合い方に距離をおこうと考えるかもしれません。つまり人運が去るということです。

口は運気のエネルギーをむかえ入れるための門、そして歯の輝きは門の輝きです。さびれてよどんだ門から良い運気が入ることはありません。

歯科で早急に治療することを心がけましょう。

大きい歯・小さい歯

歯の大きさには個人差があります。小さい歯・大きい歯それぞれコンプレックスを持つ人も多いようです。

歯の大きさはその人の積極性を表しています。

大きい歯の人は人生において仕事や遊びなどを精力的、パワフルに行う傾向にあります。つまり歯の大きさは自分への自信の大きさの表れと見ることができます。

自信があるということ自体は人生において有利、もしくは必要なことです。

もちろん自信過剰だとか自慢話は人に好かれません。ですが、基本的に何をするにも自分を信じている人が成功しますし、信じていない人はチャレンジすらできないものです。

歯の小さい人は自己表現が苦手でなにをするにも受け身の姿勢となります。自分はあまり目立たずに、なんでも人にゆずろうとしてしまう大人しい性格です。ビジネスや団体活動の場では『縁の下の力持ち』と言われる補佐的な立場におさまるでしょう。

そのこと自体は悪いことではないのですが、あまりにそればかりだと、悪く言うと地味な人生を送ることになってしまいます。わりとインドアで活動範囲が狭く、自分の殻に閉じこもるのもその特徴なのです。

大切なのは『自己主張すること』です。嫌われることを怖れずに自分のやりたいようにやってみることを覚えましょう。

出っ歯や引っ込んだ歯

出っ歯の人はとにかく明るく開けっ広げな性格です。生活や振る舞いも派手になりがちます。「ねえねえ、ちょっと聞いてよ!こんなことがあってさ~―――」とだれかれかまわず陽気に身の上話を繰り広げて周りを楽しませます。

ですから自然と仲間も多くなりますし、お金にも縁があります。

たまにきずなのは、隠しごとが苦手で秘密のかくし事ができないところです。悪く言えば『口が軽い』ということです。ほかの人からしてみればないしょにしておいてほしかったことを、この人に話したが最後、まるで拡声器のように笑い話にしてみんなに拡散してしまいます。

そのため下手をすると人を傷つけてしまったり、悲しませてしまったりということも起こりかねません。あるいは信用を無くしてしまうこともないとは言い切れません。

基本は明るくて人気者ですが、そこだけは少し考えて自重した方がよさそうです。

次に、引っ込んでいる、根元から奥側に向かって生えている歯です。

出っ歯の人とは真逆の性格になりますので、自分のこともあまり人に語りたがらない秘密主義の性格と言えます。奥側に向いた歯で内心に抱えたものが出てくるのをせき止めているがごとく、口がかたい人です。

ですから自然と口数も少なくなる傾向にあり、人からするととっつきにくいかもしれません。

また石橋を叩いてわたる慎重な性格であるため、上手い話にはのらない堅実なタイプでもあります。そのため地味ですが安定した人生を送ることができると言えます。

ものごとは何ごともバランスが大切です。あまりにあけっぴろげで派手な人生を送るのも、行きすぎると人に迷惑をかけてしまいかねませんが秘密主義で堅すぎるのも人からはとっつきずらくて面白みに欠ける人になってしまいますし、肩がこってしまいます。

たまにははめをはずして楽しんで見ると、また新鮮な気分になるはずです。自分に欠けているものをたまに意識してみると、それが新たな成長につながることもあります。

黄ばんだ歯、グレーっぽく変色した歯

ここまで書いてきたことからお分かりかと思いますが、やはり歯の変色も笑顔の輝きをそこなうため、運気にとっては良い影響を与えません。

歯みがきをおろそかにしているために歯石がたまって汚れている人には、「最低一日二回はかならず歯を磨いくように」というアドバイス以外ありません。そのほか歯みがきでは落ちないステインやヤニがたまって変色してしまった場合は歯科で着色よごれのクリーニングなどをしてもらえば改善できます。

しかし、ご自分ではどうすることもできないなんらかの理由で歯が白くない状態になってしまっている方もいます。ご自分でも気にされている方が多く、笑顔を見せられずにいるなど、やはり精神衛生上よくありません。

一つは幼少期に『テトラサイクリン系』の抗生物質を使用したことがある人に見られるという歯の変色です。最近ではあまり使われていないようですが、以前はマイコプラズマ肺炎や百日咳の特効薬として使われていたようで、中年以上の人にこの歯の変色が見られるようです。

そのほかには、ケガなどの原因で歯の神経が死んでしまい、黒ずんだ歯になってしまうというものがあります。

現在は歯のホワイトニング技術も多彩で、通常のホワイトニングでは改善できない歯の変色にも、歯の表面を削ってセラミックを表面にかぶせる方法や、人工のセラミックの歯をかぶせる方法などがあるようです。

悩んでいる時間がくなれば、人生を楽しむことができなくなってしまいます。一日も早く自信をもって笑顔になれるように、まずは歯科医師さんに相談してみましょう。きっと解決策があるはずです。

まとめ

今回は歯の形にですが、歯の大きさですべてが決まるわけではありません。人相学において自分の顔に表れる特徴は『人生への啓示』です。

自分に欠けているものをたまに意識してみると、それが新たな成長につながることがあります。自分の心もちで習慣や環境は変わるのです。それゆえ歯の小さな人でも自己主張できるように意識的に自分を変えられた人もいます。

私の持論ですが、自分を変えたいと考える人は『いつもの自分がやらないことをやってみるとよい』ということです。立つ場所が変わればそれまで見えなかったものが見えるようになることがあるからです。

人の話を聞くこと、秘密をばらしたりしないこと、たまにははめをはずしてみること、自分に足りないと思ったことを意識して取り入れてみましょう。

それでは今回の記事は以上です。いつもお読みくださり、ありがとうございます。

スポンサーリンク




お役に立ちましたらクリックお願いします!下のコメント欄への書き込みもお気軽にどうぞ!
人気ブログランキング

 

シェア