乃木坂46生駒里奈ちゃんがグループ卒業を発表!これからも"主人公"でいてください!

乃木坂46生駒里奈ちゃんがグループ卒業を発表!これからも”主人公”でいてください!

シェア

p

先日、乃木坂46の生駒里奈さんがブログで卒業を発表されました。

次の20thシングルでグループとしての活動を終え、その後は個人として芸能界でご活動されていくそうです。

生駒ちゃんはグループ結成から初代センターとして活躍され、世間でも『乃木坂46の顔』として知られていました。まさに今の乃木坂人気の立役者でもあります。

また、ムードメーカー的な人柄で、悩みを抱えるメンバーをはげまして支えるような一面もあり、同期や後輩からも慕われておりました。

そんな生駒ちゃんは、グループのファンである私にとって『小さな主人公』というイメージでした。

そのような、グループになくてはならない存在である生駒ちゃんが、卒業を決めたきっかけは何だったのでしょうか?私が思う生駒ちゃんの魅力についてもまとめましたので、合わせてお読みいただければと思います!

セブンネット限定

生駒ちゃん卒業の理由は?

私自身の卒業を初めて知った瞬間の本音としては「えー!…いや、早すぎる!やめないでほしい!」でした。

そして次に、「活動の中で不満とか、嫌なことがあったりしたんだろうか?」という風にも考えてしまいました。

彼女は卒業についての思いをブログに綴っています。その中でも触れられているように、彼女の周囲にも私と同じような気持ちを持った人が多いようです。

ですがそれ以上に、ブログからは卒業への固い決意が感じられました。これはブログからの抜粋です。

20歳になった頃から、大人として一人で生きていくためにはどうしたらいいのか、
具体的に自分のこれからを考えた時に私はこのままでは足りないなと、
プラスで自分を高めないといけない。
ここだけじゃ足りないと思う様になりました。
 
(中略)
 
乃木坂で経験した事は、私の盾となりずっと守ってくれる事でしょう。
それだけ私には勿体無いくらいの事を教えてくれました。
だから、自信を持って次に行きたい。
どうか、私の背中を押して下さいませんか?

彼女はとても責任感の強い人です。いつもグループの中でグループのために活躍してきました。ですから、やはり自分の人生にも自分で責任を取れるように、今よりも成長していきたいと思っていたのだとしても、それは当然ではないかな、と思います。

これを読んだら、きっとファンはみんな引き留められないだろうな、と思いました。
彼女の言葉からは強い意志が感じられ、説得力があります。

さらに、彼女の乃木坂46に対する思いを垣間見ることができる言葉があります。それは、昨年2017年の全国ツアー2日目・東京神宮球場で語られたものです。
『日刊スポーツ』でも取り上げられ、ファンの間で“神スピーチ”と語り継がれる彼女のスピーチを一部引用します。

 私はすごく、その人のためだったら、身をかけて、自分を犠牲にしてでも、守りたいって思えるのが、乃木坂46のメンバーなんですよ。
家族じゃなくて、親友じゃなくて、だけど、こんなに大切な人を、45人も作ってくれた乃木坂46が、本当に大好きだなと、あらためて、思いました。

この言葉からは、生駒ちゃんの強い“乃木坂愛”が感じられます。

『みんなの仲が良い』として知られる乃木坂46ですが、彼女の語った思いはそれを体現しています。彼女はその言葉通り、レギュラー番組の中でも率先して盛り上げたり、困っているメンバーがいたら助けてあげたりと、自分よりもグループやメンバーを大事にするような人でした.

この言葉で、私の想像など取り越し苦労でしかないのだとわかりました。

先述の私の気持ち、それは単純にファンとしての「生駒ちゃんの乃木坂での活躍をまだ見ていたい!まだいてほしい!」という気持ちです。

ですが、この決意の足を引っ張るようなことをしてはいけないな、と今では思っています。

最後までグループとしての彼女の活躍を見守り、応援したいと思います。

生駒里奈の魅力

グループやほかのメンバーを率先して盛り上げ、自分は二の次に徹する生駒ちゃんでしたが、彼女自身多くの、そしてかけがえのない魅力を持っています。

私が思う生駒ちゃんの魅力を取り上げてみました。

主人公体質

以前、乃木坂46の番組『乃木坂工事中』の中で、メンバーそれぞれが雑誌に登場した時に付いたキャッチコピーを紹介する企画がありました。その中で生駒ちゃんに付いたキャッチコピーがこちらです。

『生まれながらにして主人公体質な グループの看板役者』

編集部のコメント:彼女の好きな漫画『NARUTO』や『ONE PIECE』の主人公ように、彼女もまた生まれながらにしてストーリーを背負った選ばれし人間だと思うからです。

グループの仲間のために、時に自分を投げうってでも助けに向かう。そしてみんなを上へ上へと引っ張って導いていく。乃木坂46がアイドルの頂点まで上りつめたのは、傷つきながらも先陣を切って活躍した彼女の活躍があればこそです。そんな彼女の活躍にふさわしいキャッチコピーだと感じました。

メンバーの伊藤かりんさんも、メンバーを将棋の駒に例えた時「生駒ちゃんは”歩”」と言っていました。「いつでもグループの先陣を切っていってくれるから」と。

乃木坂には西野七瀬さんや白石麻衣さんなどのヒロインと呼べる人がいますが、生駒ちゃんはそんな彼女たちを支える乃木坂のヒーローですね。

美しい横顔

p

生駒ちゃんはいつも自ら3枚目を買って出るところがありますが、ルックスは肌が白く美形です。まさに『秋田美人』です。

中でも生駒ちゃんの横顔とてもきれいです。もちろん正面から見た時もすごく可愛いですが、とくに彼女の横顔のはっきりとした鼻筋とフェイスライン、凛とした表情がすごくいいと思っています。

普段明るくおちゃらけて見せる彼女が、楽曲のパフォーマンスの中で見せるクールな表情にいつも惹きつけられてしまいます。

セブンネット限定!

背が小さいところ

彼女は以前のブログの中で、「もっと背が高かったら・・・」という内容のことを言っていました。きっと、もっと強くかっこよく見られたいことから、そういう風に考えたのだと思いますが、単純に私の好みもありますが、生駒ちゃんの背の小さいところがすごく可愛いと思います。

漫画やアニメが好きな彼女がコスプレを披露した時も、とても似合っていましたね。小さいところがすごく活きていたと思います。

それに、身長だとか望むものがすべてそろっていたとしたら、今までの生駒ちゃんの活躍がなかったかもしれません。漫画の主人公だって何もかも持っているわけではありませんが、努力や友情の力でかけがえのないものを手に入れますよね。生駒ちゃんはそういう魅力を持っている人です。

今みんなが知っている生駒ちゃんが、そのままで最高です!

人への思いやりや誠実さ

生駒ちゃんの卒業発表のあと、堀未央奈さんが真っ先にブログの中で生駒ちゃんの卒業について、思いの丈を書いていらっしゃいました。

2期生で研究生だった堀ちゃんが、7thシングルで突然選抜の、しかもセンターに抜擢された時、それまで活動の中心だった一期生が戸惑いを見せる中、堀さんに声をかけてくれたのが生駒ちゃんだったそうです。

バナナマンも「あの選抜発表の時は雰囲気ヤバかった」とあとで語っていましたが、それはそうだと思います。一生懸命だったのであればあるほど、自分たちを否定されたようで「なぜ?」という気持ちになるのは仕方のないことです。

しかし、生駒ちゃんは自身も5枚目までセンターとして活動してきたのが、6枚目でセンターから外れてしまい、悔しい思いをしたはずです。それでも、後輩をはげましてグループのためにいいものにしようという彼女の心意気は素晴らしいものです。

あまり人の過去の暗い思い出に触れるのはよくないことですが、彼女自身がインタビューで語っています。今の明るい生駒ちゃんからは想像できませんが、「昔いじめを受けていた」と。

私はいじめをするのは『弱い人』、いじめを受けるのは『優しい人』だと思います。それゆえに傷つけられても、人を傷つけることはできないのです。

生駒ちゃんがまさにそういう人ではないでしょうか。

生駒ちゃんは孤立しそうな堀ちゃんを見ていられず、自分が率先して和を作っていこうとしたのだと思います。

私がいくらそう書いてもそれはファン目線であり、実際のことはわかりません。ですが実際に身近に接する製作スタッフの人たちからも、生駒ちゃんはとても評判がいいようです。

撮影に使ったものなどの片付けなど、自分の役割でないことでも率先して行うのだそうです。

また、スタッフや共演者にもいつも明るい笑顔で挨拶をしてまわっているとのこと。これは人としてすごく基本的なことですが実際にはおざなりになってしまう事が多く、20才そこそこでそこまでしっかりとできるのはすごいことですよね。

芸能界は才能や魅力ある人が大勢集まってくるところですから、その中で制作側のひとたちや世間の人たちに選ばれるには人柄や誠実さがともなっていなければなりません。いくらきれいでも実力があってもそれがなければ消えてしまいます。

今乃木坂がテレビや雑誌などに引っ張りだこなのは、そういった姿勢の素晴らしさがあったからではないでしょうか?

過去に人に傷つけられて“「人と話すことが苦手で心を開かない自分ができちゃって。トラウマです。」”と語っていた生駒ちゃん。そんな彼女が明るい笑顔で初代センターとして今の乃木坂を作ってきたことは、まさに逆境からはい上がって向かっていく勇者のようですね!

これからも”主人公”として活躍してください!

現在、生駒ちゃんはドラマ24「オー・マイジャンプ! ~少年ジャンプが地球を救う~」でナルトに扮した女の子の役を演じております。私もいつも楽しんで見ています。再不斬のコスプレはさすがに笑いました!

男の子になかなか告白できずに、ナルトネタに逃げるところもおもしろくて良かったですね。

生駒ちゃんは演技も幅広くできるんだなぁ、と感心しました。彼女にとって自分を表現することはすごく合っているのだと思います。

私としては、卒業後は、綺麗で凛とした顔立ちを活かして、シリアスな人間ドラマに登場する美しい女性役などを演じる生駒ちゃんも見てみたいと思います。

それから最後に、すみません。

この記事が、生駒ちゃんの卒業理由をゴシップ的に根掘り葉掘り書いたものでないか、と期待してこられた方がいたとしたら、期待外れだったかもしれません。

ですが、私は生駒ちゃんの卒業理由は、彼女の語った言葉以外の何物でもないと思います。もっと言うと、何か語らない本心があったとしても、他人がそれを詮索すべきではないと、そう思います。

生駒ちゃんは早すぎるとも思える乃木坂からの卒業を決めました。私はほかの年上のメンバーにもまだまだ乃木坂で活躍してほしいと思っているので、生駒ちゃんの決断に戸惑ったのも事実です。

でも、生駒ちゃんは本当に強い人だと思います。生駒ちゃんは大きな希望を胸に乃木坂を旅立とうとしています。

はじめのほうにも書きましたが、「今乃木坂は上り坂の途中なのだから、まだグループの活動を続けていた方がいいんじゃない?」という意見はやはりあると思います。

でもそれは、「安定した会社に就職した方がいいよ」というような、いわば安定志向です。

生駒ちゃんのこれからは自分の力で挑戦していきたいという意思は人生にとってかけがえのないものです。私はそういう人が大好きですし、そういう人を応援していきたいと思うんです。

私は乃木坂46の生駒ちゃん以上に、これからの生駒里奈さんを応援してくだろうと思いました!

それでは、長くなってしまいましたが、生駒ちゃん卒業を受けての記事は以上です。

ご訪問ありがとうございました!

お役に立ちましたらクリックお願いします!下のコメント欄への書き込みもお気軽にどうぞ!
人気ブログランキング

 

スポンサーリンク

シェア

SNSフォローボタン

フォローする

関連記事



スポンサーリンク