シミを消す成分といわれる『ハイドロキノン』には副作用や危険性がある?

シミを消す成分といわれる『ハイドロキノン』には副作用や危険性がある?

シェア

美しい肌を保つ上で、もっとも気になる存在といえば、目元やほほにできるシミではないでしょうか?

美白に関連した記事の中で、「ただ色白なだけでなく健康的に美しくなるために、太陽の光を浴びることは欠かせないこと」と書いたことがありますが、紫外線を浴びることでできてしまうシミは、気になってしまう人が多いかもしれません。

やはりシミは、一般的にはよけいなものと見られ、「老けている」だったり「疲れている」ようなイメージを持たれてしまいがちだからです。

さて、そんなシミケアの分野でとても注目されている美容成分があります。

それが『ハイドロキノン』です。

ハイドロキノン(または、ヒドロキノン)は、元々写真現像や染料の分野で使われていた成分ですが、後に医薬部外品として美白成分に用いられるようになりました。

2001年まで日本国内では医療機関でしか取り扱いの許可されていなかった成分ですが、2002年には厚生労働省に認可されており、一般に市販される美容製品にも使うことができるようになりました。

それからというもの各化粧品メーカーでハイドロキノンを配合した美容製品が作られ、多くの美容サイトなどが取り上げています。

美肌を保つ上で有効なものであるならばと気になったのですが、やはり体に使うものについては良いところばかり見るのではなく、副作用などのデメリットについてもよく知る必要があります。

そこで今回はハイドロキノンの持つ効果のメカニズムや、使用による危険性はないのか、について調べていきます。

美白成分『ハイドロキノン』とは?

まずシミができるメカニズムですが、シミは紫外線を浴びた表皮の最下部にあるメラノサイトで作られます。メラノサイトにあるチロシンとチロシナーゼ酵素が合体することでメラニンが生成されるのです。

美白成分ハイドロキノンはシミの原因であるチロシンとチロシナーゼ酵素の両方を抑制する力があり、その効果はビタミンCなどの一般的な美白成分のビタミンCやアルブチン、こうじ酸などの約100倍という研究結果が出ています。

またメラニン色素を還元するので、すでにできてしまったシミの色素を薄くする効果も認められています。

ハイドロキノンの持つこれらの力が、『究極の美白成分』『シミの漂白剤』とも言われる理由です。

日本やアメリカでは一般製品への2%の配合までが認可されており、それ以上は医師の処方が必要となります。

また、ハイドロキノンを安定させる物質を合成した安定型ハイドロキノンが使われていて、効果をそのままに肌への刺激が軽減されている製品などもあるようです。

チロシンやチロシナーゼを含むメラノサイトにより入り込みやすく高い効果が期待できるとされています。

またハイドロキノンには効果が出るシミと、効果が出ないシミがあるようです。

・効果あり

老人性色素斑・そばかす・肝斑・炎症性色素沈着

・効果なし

脂漏性角化症

ハイドロキノンをこれから使いたいと考えておられる方は医師の診断を受けたり、パッチテストなどで効果の有無を確かめる必要があります。

ハイドロキノンの副作用や危険性

ここまで見るとたしかに、ハイドロキノンを各美容製品メーカーも推奨していますし、多くの方に注目されているのもわかります。

しかしさらに調べると、ハイドロキノンの使用について、安全性を疑問視する専門家の声が上がっていることがわかりました。

まず第1にハイドロキノンの発ガン性です。アメリカの研究機関による実験では、投与した動物に悪性腫瘍の発現が見られたという結果報告があります。

また、Wikipwdiaから、アメリカのアーサー・ペリー医師のハイドロキノンについての報告を見ると、

肌を白くするという結果は限定的なものである

もっとも一般的なスキンライトナー、ハイドロキノンは危険でありヨーロッパでは禁止され、FDAからアメリカでも禁止することを求める声が上がっている

皮膚を暗く(色を濃く?)したり発疹の可能性がある

腎臓や神経系破壊する水銀をふくんでいる

またハイドロキノンには酸化しやすく保存に向かないという性質もあります。

各メーカーの製品には使用期限や注意書きがされているはずですが、誤って期限切れのハイドロキノンなどを使用してしまうと重大なリスクを引き起こすことも予想されます。

実際にドイツなどのヨーロッパ各国やカナダといった国では、ハイドロキノンの使用が禁止されています。

南アフリカでは2%以上の配合は禁止とされ、現在でも白い肌に憧れる黒人の間では人気のようですが、過去には実際に外因性組織褐変症という肌の色が青や紫になる症状が700件以上も報告されているようです。(アメリカやその他の国でも報告あり)

それ以外にもメラニン細胞がなくなることにより肌の色が抜ける『白斑という症状も報告されています。

また、このような症状は元に戻らないようです。

また、黄色人種である日本人の皮膚には合わないという意見も多く見られます。

皮膚科医によっては「ハイドロキノンは危険性がある劇薬だから肌には塗らないほうがいい」として、使用を控えるように促すところもあるようです。

“ハイドロキノン入りのクリームを手に塗ったら、皮膚がむけてひどい状態になった”との体験者の声もあります。

このように、私が調べてみた限りでは、皮膚や美容に精通した専門家の意見は「おすすめできない」というものが多いようです。

シミ取りにハイドロキノン入りのクリームなどを使うべきか?

ハイドロキノンについて調べる中で、専門家の方の意見にこのようなものがいくつも見られました。

そもそもシミは紫外線から肌を保護するために体が作り出すもの

ハイドロキノンはシミを作らなくしてしまうので、紫外線のダメージを余計に大きくする

ハイドロキノン配合製品メーカーや、それを紹介している美容サイトなどでは「安全に正しく使用すれば効果が出る」とされています。「リスクを理解してきちんと濃度などの用法を守りましょう」と。

しかしこれまでのことをふまえるなら、ハイドロキノンのもたらす効果そのものが、肌にとってマイナスになる可能性があるかもしれない、ということになるのかもしれません。

いずれにしても配合量についての規制がかかるということは、危険性があるということにほかならないのです。

またこのように考えてしまいます。かつては日本でハイドロキノンの配合が禁止されていたにもかかわらず、その規制が緩和されたのは、アメリカの美容製品メーカーなどとの癒着や憂慮から来るものだったのではないか、と。

以前、とある美容製品メーカーの誇大広告が消費者庁から訂正するよう求められた問題があります。商品を売りたい側の希望的観測をふくんだ販促戦略が、時に消費者の利益や信頼を無視しているのではないかと感じることがあります。

つまりメリットばかりを宣伝し、デメリットを伝えるのをおざなりしてはいないか?ということです。

例えばランキングサイトにしても、広告宣伝費目的で売りたいものに高評価をつけるようなサイトが多く一概には信用できません。実際に使った人のレビューや会社の評判などをよくよく見ると散々だったりということがあります。

美容製品メーカーは大規模な市場ゆえ様々なメーカーがあります。

中には日本の市場を狙ってアジアなどのほかの国々からやってきた信用性の低いメーカーも多いのです。私は必ずそのメーカーのホームページまでチェックしてから購入を検討します。

厚生省は配合2%までを市販製品に認可しているとしていますが、スキンケア系サイトでハイドロキノンを推奨しているブログサイトを見ると、『皮膚科医監修のもと・・・』というふれこみで販売しているハイドロキノン系のクリームには、4%や5%含有している製品もあります。

注意事項には、

赤みや炎症は通常の反応です。ひかない場合は隔日で使用してください。

炎症や肌トラブルが起きた場合、かかりつけの皮膚科医に相談してください。

しかしこれでは、何か起きても販売する側や推奨している側は責任を負わず、自己責任ということになってしまいます。こういうことを考えると、売りたい人はやはり「売りたい」のが一番でほかは二の次なのだろうと感じてしまいます。

以上のことを鑑みると、ハイドロキノンでシミを消そうとするのは、副作用やトラブルが起きるかどうかといった、ある種の賭けのようなものだと感じてしまいます。

シミを消したくて悩んでいらっしゃる方もおられるかもしれません。ですがこれほどのリスクを背負ってまでシミを消す必要性があるのか?使用する前に、一度よく考えてみる必要があるのではないかと思います。

まとめ

余談ですが、ハイドロキノンについて調べている過程で、アフリカ系黒人の方がハイドロキノン入りの化粧品を使って、肌を白くした以前と以後の画像を見ました。

こう言っては失礼かもしれませんが、率直に言って、顔のつくりと肌の色が不自然に合っておらず、以前の写真の方がとても魅力的に感じました。

『自然さ』というのはやはり大事なものだと思います。

他人から見たら真っ黒けなのに「白くなってきた」といって日焼けサロンに焼きに行く人。

「ここも、そこも」と何度も美容整形を繰り返して原型がなくなり、周りが「前の方が綺麗だったのに・・・」と思ってしまうような人。

自分に見えている自分と、他人の印象はずいぶん違うものです。

自分はシミを気にしていても、他人からするとそれほど気になるものではないかもしれません。

シミは人間のからだに太陽の紫外線が当たることで自然にできるものです。それを薬品などで強制的に除去しようとすることは、自然をねじ曲げることになり、やはりそれなりのリスクをともなうものだということがわかりました。

先述の医師によれば、ビタミンC、ビタミンA、ビタミンB3(ナイアシン)などの食物から摂れる栄養成分でシミを消すのがやはり一番良いようです。

太陽の光を浴びればシミができる。食べ物を食べて栄養を摂り入れればシミが薄くなる。

これが自然な人のサイクルということなのでしょう。

ハイドロキノンをはじめて知った時は、「そんなにすごい成分があるのか」と思い、肯定的な内容の記事にするつもりでしたが、調べていくあいだに事情が変わって、着地点がまったく別のものになってしまいました。やはり詳しく調べなければわからないことがあるものです。

今後はまた、より自然に安心してできるシミケアを方法を検証していきたいと考えています。

それでは。本日はご訪問いただきありがとうございます。

お役に立ちましたらクリックお願いします!下のコメント欄への書き込みもお気軽にどうぞ!
人気ブログランキング

 

スポンサーリンク

シェア

SNSフォローボタン

フォローする

関連記事



スポンサーリンク