部屋干し用洗剤を使っても臭くなるタオル地の洗濯方法を解説

部屋干し用洗剤を使っても臭くなるタオル地の洗濯方法を解説

シェア

花粉の季節はタオル地に花粉が入りこんで、取り込んだ後が大変です。バンバンはたいてもなかなか落としきれるものではありません!

仕方なく、家の中で部屋干しにする方も多いことと思います。

また、ちょうど今週もそうですが、これからの季節は雨の日が続いたりして、屋外に干せない日もしばしば・・・。

そんな時に困ってしまうのが、部屋干しにした洗濯物の『生乾きのニオイ』です!

私もあのニオイが大嫌いです・・・結局次の日に全部洗い直したりしたこともあります。

洗濯用漂白剤も部屋干し用洗剤も、はっきりいってほとんど効き目がありません

洗濯機洗浄剤を使って洗濯機クリーニングをしたこともありますが、まぁマシになるくらいで、「部屋干ししてもぜんぜん臭くならなくなった!」ということはまずありませんね。

完全に滅菌できるわけではないので、仕方ないと言えば仕方ないですが・・・。

今回は、そんな困った洗濯物のニオイを防ぐために私がいつもやっている洗濯方法をご紹介します。私が唯一「ニオイがなくなった!」と思った洗い方です。

タオル地の煮沸滅菌洗濯

まず、私はとてもニオイに敏感です。昔、洗っても洗ってもニオイが取れなかったシャツを捨てたことがあります。

その頃は日当たりの悪い部屋に住んでいたんですが、そのニオイが繁殖した雑菌の放つニオイだというのを知らなかったんですね。

結構高いシャツだったので、あの時にこの洗濯方法を知っていれば・・・と思う今日この頃です。

その方法ですが、とても原始的な方法です。やはりニオイの元である雑菌を完全に殺菌するには、熱湯で煮沸するのが一番いい!という結論に達しました。

中でも臭いが一番出やすいのがタオル生地です。Tシャツとかの綿生地は割と平気なんですが、タオルは部屋干しにすると、どうしても臭くなります。そのほか厚手の生地も日干ししないと臭いがでやすいですね。

バスタオルは風呂上がりにきれいな体を体をふくものですから、クサいのは絶対嫌ですよね?

煮沸洗濯の手順

それではここからは、タオルの煮沸滅菌洗濯の手順を書いていきます。簡単ですがちょっと時間と手間が要ります!

1.洗うのに使う洗面台などをきれいに洗っておきます。熱湯で殺菌されるとは思いますが、できればきれいなところで洗ったほうがいいですよね!

2.終わったら洗う分のタオルを入れます。先に言いますが手でしぼらなければならないので、フェイスタオルなら10枚くらい、バスタオルなら2~3枚にしておいた方がいいです。以前、20枚くらい一気に洗ってしぼってたら、ふやけた手のひらの皮が剥がれました!

3.お湯を注いでいきます。洗面台にいっぱいになるには電気ケトルで4~5杯。鍋で3~4杯必要です。

それから、鍋などでそのままタオルを煮込む方法を考える方もいると思いますが、煮込むと結構生地が傷んで早くダメになってしまいます。ですから沸かした後のお湯をそそぐくらいでちょうどいいと思います。

4.しばらくの間おいておきます。そして冷めるのを待ちます。私は20分ほど置きました。タオルにふくまれたお湯は冷めるのに結構時間がかかります。

5.ヤケドに気をつけながら、お湯が冷めたのを確認します。そうしたら次に洗剤を入れて軽くもみ洗いします。そしてまた、しばらくつけおき洗いしておきます。

6.20分くらい経ったらOKです!洗濯水を一度流し、2回ほどすすぎ洗いします。

6.固くしぼった方が速く乾くのはもちろんですが、力を入れ過ぎると、だんだん手のひらがヒリヒリしてきて、ついには手のひらの皮がむけてしまうということになりかねません!ある程度しぼれたら大丈夫です。

7.ピンチハンガーなどで部屋干ししていきます。部屋の中は空気の流れが無いので、なるべく間隔を空けて干したほうがいいですね。

8.空気清浄機やファンなどがあれば、それを使って風を送った方が速く乾きます。私はプラズマクラスターの空気清浄機を置きました。

ちなみにですが、普通に洗濯機で洗ったものを部屋干しした場合は、プラズマクラスターを当てても臭くなってしまいます

以上のような方法で煮沸滅菌洗濯したタオルが、寒さのために乾くのが遅いので、すでにもう6~7時間以上干しています。ですが、ニオイをかいでみてもまったく生乾きのニオイはしません!

以上が私のタオルが臭くならない部屋干し洗濯方法です。かんたんですよね!

まとめ

花粉の季節が明けたら次はジメジメとした梅雨・・・嫌ですね~。

花粉症の方や、日当たりの悪い部屋にお住まいの方、屋外で洗濯物を干せない雨の日など、このページに書いた洗濯方法を試してみてくださいね。

また、ニオイの取れなくなったタオルを捨てて買い替えようかと悩んでいる方も、一度この方法を試してみてください。

それでは、記事は以上です。いつもお読みいただきありがとうございます!

お役に立ちましたらクリックお願いします!下のコメント欄への書き込みもお気軽にどうぞ!
人気ブログランキング

 

スポンサーリンク

シェア

SNSフォローボタン

フォローする

関連記事



スポンサーリンク