レザークラフトで皮革を染める時に顔料(アクリル絵の具)を使ってはいけない理由

レザークラフトで皮革を染める時に顔料(アクリル絵の具)を使ってはいけない理由

シェア

こんにちは。tomoです。たまにはレザークラフトの記事を書いてみようかと思います。

レザークラフトを始めたると誰もが一度は、「染料を使って自分のイメージ通りの色に皮革を染めたい」と考えると思います。

レザークラフト用品屋さんにたくさん染料が並んでいるのに興味を惹かれて、生成りの革を買いっていろんな色に染めました。

最近はブレスレットを青に染めました。

ですが、色々と染料を試している内に「イメージ通りの色にならないな」ってことがあると思います。

というのも、レザー染料の場合は『白』の染料と言うものがないのでパステルカラーなどにすることは困難、というか無理なんです。

近づけるために極力薄めてもムラになりやすく均一に染めるのが難しいですし、レザー自体の色も透けてしまいます。

そこで次に、顔料やアクリル絵の具を使ってレザーを染めるという考えにたどり着きます。

手芸屋さんなどに色々なメーカーの顔料が売られています。色の種類も豊富なので必ず好みのものが見つかります。

しかし、結論から言うとこれらの顔料や絵の具で革を染めることはおすすめしません。その理由を書いていきますので参考にしてみてください。

レザーをアクリル絵の具で色付けするとどうなるのか?

メーカーなどに問い合わせしたりネット検索をくりかえして、最終的に『アクリック・ソフトタイプ』を使うことにしました。固まっても柔軟性のあるタイプなので革になじみやすいということです。

また、アクリックの絵の具には不透明・透明がありますが、不透明はいくら塗っても基本透けているのですごくムラになります。

黄緑ではないパステルグリーンで、ポケット付き定期入れを作りたいと考え、不透明の白と緑を買いました。

白に緑を少し混ぜると思い通りのステキな色になりましたので、それで革に色をつけ製作してみました。下が実際に作っている時の画像です。

結論から言うと、この定期入れはここで製作を断念しました。

画像を見ても理由がよくわからないと思いますので詳しく解説していきます。

①革がゴワゴワになる

顔料を乾かした後で触ってわかったのですが、レザーの可塑性が失われ、ゴムのような、もしくはやわらかいプラスチックの板のような質感になってしまったんです。

2、3枚重ねるとヒシ目をあけて縫うことができないくらいに硬くなってしまいました。

皮革は生き物の皮なので、本来は小さな穴が空いていて通気性があります。

しかし、染料が革の色を変えるのに対して、アクリル絵の具の場合は皮の表面をのっぺりとおおいつくしてしまいますので、その穴がすべてふさがれてしまうんですね。

壁をペンキで塗ったようなものと思っていただけるといいと思います。

絵の具を柔らかくするメディウムを混ぜることも試してみましたが、水っぽくなって色自体も乗らないので解決にはなりませんでした。

つまり、皮革のやわらかさ・しなやかさ・通気性といった優れた部分がすべて失われてしまうということなんですね。

②床面処理ができない

たとえば薄いパーツに使うレザーの場合です。

裏面が見える部分の場合、革漉き機などでレザーを0.5mm以下にできる環境があれば、貼り合わせて床面をかくすこともできますが、時間もコストもかかってしまいます。

なので、たいていの場合マチや定期カードを入れるポケット部分などのパーツは、床面処理をして1枚で使うと思います。

その時、染料の場合は床面も一緒に同じ色に染められます。

しかしアクリル顔料の場合は床面に塗るとよけい硬くゴワゴワになってしまいますし、付かないように塗るのも困難です。

貼り合わせる部分にノリ付けするのに荒らすこともできなくなりますし、同じくコバも固まってしまうので処理ができなくなります。

アクリル顔料はレザークラフトでどのように使うか?

これらのことから『アクリル絵の具・顔料で皮革全体を染めるのは難しい』ということがお分かりいただけたかと思います。

アクリル絵の具をレザーに使うのに適していることがあるとすれば、それは一部分にワンポイントのイラストなどを描く場合です。

すでに染めてあるか、もしくは生成りの革に、花や動物のイラストやロゴを描くような使い方であれば、革全体の柔軟性が失われることはないので問題ないと思います。

まとめ

画像をあまり取っていなかったので、経過がわかりづらくてすみません。

自分は何でも試したくなるタイプなので、顔料でのレザーの色付けを試してみました。結果的に、レザーはレザー用染料で染めるのが一番いいということがわかりましたね。

どうしても「染料にない色でレザーを染めて作品を作りたい」と思ったら革問屋さんをめぐって、すでに染めてある革の中からイメージに近い色を探して買うのが最良の方法だと思います。

綺麗に染まっているのはもちろんのこと、また同じ色で違う作品を作りたいと思った時に、「また同じ色に調色して…あれ?前のと同じ色が出せない」といったようなことも避けられます。

それでは、この記事は以上です。お読みいただきありがとうございます。

お役に立ちましたらクリックお願いします!下のコメント欄への書き込みもお気軽にどうぞ!
人気ブログランキング

 

スポンサーリンク

シェア

SNSフォローボタン

フォローする

関連記事



スポンサーリンク