『MKヨーグルトメーカー』購入 使用してみた感想をレビューします

『MKヨーグルトメーカー』購入 使用してみた感想をレビューします

シェア

楽天ポイントがたまっていたので、MK精工から発売されている『MKヨーグルトメーカー YA-100W』を購入しました!

かなり前から多くの人が使っているヨーグルトメーカーですが、おれも花粉症のために去年の末あたりからヨーグルトをたくさん食べるようになっていたので、節約できるかと思って購入しました。

そのほかに大好きな甘酒も作れるので一石二鳥です。甘酒はヨーグルトといっしょに食べても美味しいですよね。

それでは、MKヨーグルトメーカーの使い勝手や、初めて作ってみたヨーグルトの感想をレビューしていきます。

MKヨーグルトメーカーの同梱品・性能

届いたMKヨーグルトメーカーを開封してみました。同梱品はこのようになっています。

  • MKヨーグルトメーカー本体+ふた
  • 専用容器
  • ロングスプーン
  • 説明書
  • 計量カップ
発酵温度設定 25℃~65℃
タイマー設定時間 1時間~48時間
消費電力 30W
容器容量 1000㎖

スタート開始の時間設定はできませんが、常温のまま時間をおいておくようなことはないと思いますので、問題ないと思います。

また専用容器を使わずに、直接牛乳パックでヨーグルトを作ることもできます。

ガセリ菌ヨーグルトを作ってみる

材料

ガセリ菌SPヨーグルト 100g
牛乳 900㎖

このヨーグルトはダイエットにすごくいいそうです。知人が「普段の食生活のまま、これを食べてるだけで体重が減った」と言っていました。(あくまで個人の感想ですが)

おれの場合はダイエット目的というより、ガセリ菌は「生きて腸まで届く乳酸菌」とされており、腸に良さそうなので食べています。味もさっぱりしていて美味しいです。

それからヨーグルトは基本的に無糖のものを選びます。せっかく乳酸菌が腸内善玉菌を増やしてくれるのに、砂糖は悪玉菌の味方をしてしまうからです。

ヨーグルト作り用器具の洗浄

まずは説明書の書いてある通り、本体のふた、容器やスプーンをきれいに洗い、さらに限りなく滅菌状態にするために熱湯消毒します。大きななべにお湯をわかすとやりやすいです。

発酵させるということは同時に雑菌も繁殖しやすくなりますので、洗剤で洗っただけでは衛生的に不十分なんですね。

そして、道具を熱湯消毒したあとは自然乾燥させます。水分が残っていると腐りやすくなります。

しかし、これでは作り始めるまでにかなりの時間がかかってしまいます、あらかじめ言うと、おれは2回目以降キッチンペーパーでふいてからドライヤーの熱風で乾燥させています。説明書にはないのであくまで自己責任になりますが・・・。

ヨーグルトと牛乳を混ぜる

ヨーグルトと牛乳がまざりやすいように、まずは容器のメモリ200㎖程度まで牛乳を入れます。

ガセリ菌ヨーグルトを入れて、ヨーグルトのかたまりがなくなるまでよく混ぜます。

しっかり混ざったら、容器の1000㎖まで牛乳を入れて、さらにもう少し混ぜます。

容器にセットして発酵スタート

説明書ヨーグルトの作り方通り、発酵温度は40℃、発酵時間は8時間でセットします。

発酵終了

発酵時間が終わると、タイマーが『00』で点滅状態になります。

容器の中を確認。しっかりと固まっています!発酵が失敗して腐ったりしないか心配でしたが、においをかいでみるとヨーグルトの美味しそうなにおいがします。

できたばかりでぬるいですが、とりあえずそのまま器にうつして味見してみました。酸味もしっかりあって美味しいです。

少しゆるい感じがしましたが、このあと冷蔵庫に入れて冷やすとしっかり固まりました。

MKヨーグルトメーカーを使ってみた感想

MKヨーグルトメーカーはヨーグルト作りに必要な基本性能をそなえている入門機といった感じですね。

「ただヨーグルトや甘酒、しょうゆ麹などを作れれば十分」という方には、価格もほぼ同じ機能で5,000くらいの製品もある中、約3,000円と安価なのでおすすめです。

ヨーグルトメーカーによっては、専用容器も幅広のタイプがあります。冷蔵庫に空いているスペースが十分にある人にはいいのですが、おれのように小さめの冷蔵庫を使っていて、できたヨ-グルトを容器のままドアスペースに入れたい人には、この細長い容器がおすすめですね。

ただしこのヨーグルトメーカーのデメリットとして感じたところは、発酵時間が終了しても『00』と表示が点滅するだけで、お知らせブザーなどが鳴らないことです。

すぐに気付ける場所にあればいいですが、テレビや読書などに熱中していて忘れてしまい、気付くのが遅くなってしまうと、夏場には最悪作ったものがダメになってしまうおそれもあります。おれはスマホのタイマーをセットして対策しています。

これは二度手間なので、お知らせの音は鳴ったほうがいいと感じました。

また製品によっては器具を電子レンジで殺菌できますが、MKヨーグルトメーカーのプラスチック製器具はできません。さらに熱湯消毒の際の耐熱温度は80℃と書いてあります。

おれはわかしたお湯を冷ます時間が面倒なのと、温度が低いときちんと殺菌できるかわからないので、沸かしてからすぐのお湯を使用していますが、今のところ問題はありません。

また計量カップが付属していますが、容量50㎖と小さいのであまり使い道がありません。

楽天市場で調べてみたところ、『ビタントニオ ヨーグルトメーカー』はMKヨーグルトメーカーよりも若干値段は上がりますが、発酵終了時にはブザーでお知らせしてくれる上に、設定温度は25℃~70℃、発酵時間設定は30分~99時間となっています。

見た目も高級感がありますね。

それでは、はじめてつかってみた『MKヨーグルトメーカー』のレビューでした。

ご訪問ありがとうございます。

お役に立ちましたらクリックお願いします!下のコメント欄への書き込みもお気軽にどうぞ!
人気ブログランキング

 

スポンサーリンク

シェア

SNSフォローボタン

フォローする

関連記事



スポンサーリンク