ヨーグルトメイカーを使って自宅で甘酒製造してみました。

ヨーグルトメイカーを使って自宅で甘酒製造してみました。

シェア

前回はヨーグルトメイカーを使ってヨーグルトを作ってみましたが、ヨーグルトだけでなく大好きな甘酒も作れるということで挑戦してみます。

今まで甘酒は近くにあるスーパーの西友で買っていたのですが、安いもので1000㎖・400円~450円、高いものになると800円~1000円くらいします。

コンスタントに飲むにはコストがかなりかかってしまうので、何とか安く抑えることはできないかと思い、ヨーグルトメイカーを買って作ってみることを考えついたんです。

しかし!甘酒を作る材料の米こうじを同じスーパーで探してみると、あるのは1種類のみ、そしてその値段は1袋200g入りで450円ほどです。

・・・ありゃ?ヨーグルトメイカーで甘酒を1000㎖作るには米こうじを200g使いますから(さらに、たいたご飯も)、コスト的にはむしろちょっと高くなってしまうことに・・・?

あくまでそこのスーパーの品ぞろえの中でのことですが。

とは思いましたが、とりあえず買ってきて作ってみることにしました。それに自分で米こうじから作ったほうが、パックの甘酒より美味しいものができるかもしれません。

甘酒づくりの材料

米こうじ 200g
炊きたてのご飯 1合(320g)
沸騰させたお湯 400㎖

甘酒作りに使う器具

  • ヨーグルトメイカー本体
  • 専用容器
  • スプーン
  • ボール(あれば大きめのもの)
  • 調理用温度計

キッチン温度計を持っていなかったので、甘酒作りのために購入しました。

甘酒づくりの手順

まずは専用容器・スプーン・ボールなどをすべてなべにわかしたお湯に入れて熱湯消毒します。

そのあとは水分を乾燥させておきます。自分の場合は乾燥時間を待てないので、清潔なキッチンペーパーでふき取っています。

ご飯を用意

ご飯を1合炊いておきます。少しやわらかめに炊いたほうが甘酒作りがやりやすいです。

米こうじをほぐす

そのあいだに、袋に入っている米こうじは結構くっついてだまになっている部分もあるので、ボールに入れてほぐしておきます。

ダマが残っていると甘酒ができても、そのままかたいダマになって残ってしまいます。

次になべや電気ケトルなどでお湯を沸かします。

そして、炊きあがったご飯をボールにうつしたら、わかした熱湯を注いで、つぶすようにまぜていきます。

ご飯をつぶしながら、キッチン温度計で温度が60℃以下になるまではかります。

温度が60℃以下になったら専用容器にうつして、ほぐしておいた米こうじを混ぜながら少しずつ入れていきます。

自分は大きめのボールがないので容器に入れてからまぜましたが、大きめのボールがある方はボールで混ぜてから容器にうつしたほうがやりやすいと思います。

まぜ終わったら、容器をヨーグルトメイカー本体にセットしたら、発酵温度60℃・発酵時間8時間にセットします。

甘酒完成です!

パックの甘酒よりもかなり粘度が高い甘酒に仕上がりました。

同じくヨーグルトメイカーで作った無糖のヨーグルトにまぜて食べると美味しいです。おれはこんなふうに五穀米のパフやきな粉でオリゴ糖や食物繊維をプラスしたりといった、さらに腸に有効な食べ方をしています。

サラッとした甘酒がお好みでしたら、少しご飯の量を少なくしたり、発酵時間を10時間~12時間くらいかけたほうがより粘度が低くなるかと思います。

また、甘酒の材料をスーパーよりも安く手に入れる方法を見つけました。お店を回るよりもやはりインターネットショッピングのほうが早いです!

こちらは今使っている、ほくべいさんの『白雪印乾燥米こうじ』です。国産ですし、1袋・4袋・20袋などなどお好きな分だけ注文できますのでおすすめです。クーポンが使える場合もありますので大変お得です。

こちらは白雪印の乾燥米こうじで作った甘酒の記事になっています。

ヨーグルトメーカーを使って米こうじ400gの本格甘酒を作ってみました
ヨーグルトメーカーを使って米こうじ400gの本格甘酒を作ってみました
今回は『MKヨーグルトメイカー』と、酒本舗はなさんの『白雪印米こうじ』を使って本格甘酒作りに挑戦します。 以前使用した近くの大...

甘酒を毎日お得に楽しみたい方はぜひご利用してみてください。

それでは!いつもご訪問ありがとうございます。

お役に立ちましたらクリックお願いします!下のコメント欄への書き込みもお気軽にどうぞ!
人気ブログランキング

 

スポンサーリンク

シェア

SNSフォローボタン

フォローする

関連記事



スポンサーリンク