楽天市場『お買い物マラソン』3月21日開催!わかりにくいポイント計算やお得な使い方

楽天市場『お買い物マラソン』3月21日開催!わかりにくいポイント計算やお得な使い方

シェア

1ヵ月に1回くらいのペースで行われている楽天ショッピングの『お買い物マラソン』

ご利用されたことがある方も多いのではないでしょうか?

家計のシビアなおれももちろん重宝しています。基本的にインターネットショッピングは楽天のお買い物マラソンの時にまとめてしてます。余談ですが今回は、甘酒材料の米こうじ、オリゴ糖、PC用マイクセット、の購入を考えています。

この記事では、これまで『お買い物マラソン』を利用した経験からわかった得な利用方法や、わかりにくいポイント計算でしくじらないコツを解説していきます。

基本的な楽天ポイント計算の仕方

毎回お買い物マラソンを利用している方ならいざしらず、あまり利用したことのない人や、初めて利用するという人には、けっこうわかりにくいですよね?

ポイントの計算方法をかんたんに解説していきます。

まず、楽天市場では基本このように、どの商品にも1倍のポイントが付くようになっています。【1倍 = 1%】です。たとえば6,680円の商品このように66Pt が付与されます。小数点以下は切り捨てされます。

ポイントの右側『内訳を見る』から、どのようにしてポイントが計算されているのかを見ることができます。

商品(ショップ)ごとにポイントアップキャンペーンが行われている場合がありますが、その場合も【2倍 = 2%】【10倍 = 10%】となっています。下の画像はポイント5倍の商品で、【通常ポイント1倍+キャンペーンポイント4倍】で5倍になっています。

お買い物マラソンのポイント計算と注意点

基本のポイントに、お買い物マラソンポイントを計算するのは最初の内とてもややこしいものがあります。なれるとシンプルなんですけどね。

基本はいろいろなお店を利用することでポイントが増えていく仕組みになっています。上限は10店舗(10倍)までです。なので期間中に1つの店で複数の商品をわけて決済しても意味はないということになります。

ですから、たとえば1つ目のお店でギターを買ったとして、ギターの弦は同じお店で買わずに別のお店で購入すれば2店舗利用したことになり、ギターも弦も+1倍ずつポイントが増えるのです。

(1店舗目の弦の元の値段が安ければ、ポイントよりお得になる場合もありますので注意)

また、「それなら、安いものをいろんな店舗で1つずつ買えばいいのか?」というと、そうではないんです。

お買い物マラソンの規定で、“1ショップ合計1,000円(税込)以上の購入を対象に~”となっています。つまり税抜で926円以上の商品でなければポイントアップ対象とならないわけです。

値段がそれに満たない場合は、複数購入したり、同ショップの別の商品で税込1,000円にしなくてはなりません

おれも欲しいものが1000円に満たないものだったりして、けっこう悩むことがありました。

そして次に、お買い物マラソンで付与されるポイントはすぐにもらえるわけではない上に、利用期間が短期間に制限されている点です。

1月中旬のお買い物マラソンのポイントは約1カ月後に付与されました。そして利用期限は今月3月の終わりまでです。楽天市場側としてはポイントを利用されないほうがもうかるわけですからね。けっこうシビアな利用制限です。

ですからうっかりとポイントを利用するのを忘れてしまうと水の泡です!ポイントの利用期限は、楽天市場トップの左上の名前横のポイントをクリックすると確認できます。

もらったらすぐに使ってしまうか、おれの場合はすぐにほしいものが思いつかない場合には利用期限をスマホのスケジュールアラームにセットしておいてます。

高額商品を買う時のポイント上限の注意点

さきほど書いた1月のお買い物マラソンでは、mouseのノートパソコンを購入したんですが、オプションなども入れると、mouse1店舗での合計額が140,000円ほどになっりました。

この場合次の1店舗利用で+1倍で1400ポイント、さらに1店舗でまた1400ポイントとなるわけです。

現金で帰ってくるわけでないにしても、1,000円~1,400円以内の商品であれば、上限の10店舗までポイントで購入できてしまうことになるのでお得です。

ですがこの場合、お買い物マラソンのポイント上限は10000ポイントとなっているため、10店舗に満たないうちにオーバーしてしまいます。

【パソコンとそのほかの商品の合計額 × 〇店舗】の合計額が10000ポイントを超えた時点でそれ以上ポイントはつかないことになります。それを踏まえて計算しながら、買い回りをしました。

ですが!・・・実はあとでポイント付与されてから、自分が計算ミスをしていたことを知ったんです。

ポイントが付与された時に、「あれ?もらえると思っていたポイントよりも少ない・・・」と思ったんです。自分で計算してみてどうにも納得がいかなかったので、思わず楽天市場のカスタマーセンターに問い合わせしてしまいました。

そこでわかったのは、自分が基本ポイントもお買い物マラソンポイントにふくめて計算していたということです。

基本ポイントの1倍(ポイントアップしていた場合2倍など)は、お買い物マラソンのポイント付与よりも先に付与されています。一緒に計算していたので、すでにもらっていることをその時点ですっかり忘れていたんですね。

ですから、お買い物マラソンのポイントは上限10000ポイントまで、あと1店舗分くらいはもらえるはずだったんです。「なるほどー!」と理解して、カスタマーセンターには自分が勘違いしていたことを平謝りしておきました。

こんな高額商品を買うことめったにないですから、おしいことをしてしまいました・・・。

みなさんもお買い物マラソンで高額商品を買って、上限10000ポイントまで行くような時には、基本ポイントをふくめないようにご注意してくださいね。

『SPU』とは? 購入決定はアプリで!

楽天が提供するほかのサービスの利用数に応じて、楽天市場でのポイントがアップしていくシステムのことです。

普段からカードで買い物をしている人なら、楽天を利用する時には楽天カードで決済すれば、さらにお得に買い物ができます

そして、おれの場合はカートから購入確定をする際には、かならずスマートフォンの楽天アプリ(Google Play)を利用しています。

パソコンで商品検索してカートに入れておき、決済をする時だけアプリでログインして決済するだけでさらにもう1倍ポイントがもらえてしまうんです。

(たまにうっかりとパソコンでそのまま決済してしまい、損した気持ちになることがあります・・・)

お買い物マラソンなどでいくつも商品を購入するときには、ぜひ利用したいですね。

おまけ:お買い物マラソンでは『ほしかったもの』を買う

こんな記事を書いていますが、おれは楽天市場の回し者でも何でもありません。これはほとんど持論に近いものなので、興味のない方は読み飛ばしていただいて結構なのですが・・・

楽天市場は基本、メールマガジンのセール情報やクーポンなどの、あの手この手を使って、できるだけ多くのものを購入させようと誘惑してきます。

実は一度、楽天ショッピングのヘビーユーザーである妹に注意したことがあるんですよ。

妹は安くなっていると思えば何でもかんでもカートに入れて注文していました。そのせいで、家にお菓子だったり日用品が過剰にストックされている状態になっていました。

生活の中でストレスもたまっていてストレス発散に買い込んでいたのでしょうが、物が増えるとかえって雑情報が増えて、気が休まらなくなくなるもの。

それにお菓子などは衝動買いの筆頭品目ですが、安いからと購入しすぎてしまうと体にもよくないですよね。

ですから、普段から「これがほしい!」「あれが足りない」と考えていたものだけをカートに入れておいて、お買い物マラソンが開催されたら購入を確定するのが個人的には正解だと思っています。

おれの場合は迷ってたらその商品は購入を見送っています。

どうせ楽天のお買い物マラソンは月に1回ほどのペースで行われてます。また、お買い物マラソン期間中に基本ポイントが1倍だったものが、後日ポイント5倍になっていたりすることもありますね。

「終了まであと○○時間○○分」とか、「クーポンの利用期限がせまっています」とあおりまくってきますが、一度冷静になって見送る気持ちでいたほうが、あまり浪費をせずにすむと思います。

それでは、今回の記事は楽天市場のお買い物マラソンについてでした。ご訪問ありがとうございました!

お役に立ちましたらクリックお願いします!下のコメント欄への書き込みもお気軽にどうぞ!
人気ブログランキング

 

スポンサーリンク

シェア

SNSフォローボタン

フォローする

関連記事



スポンサーリンク