WordPressの新しいエディタ使いにくいー!プラグインですぐに戻したよ

WordPressの新しいエディタ使いにくいー!プラグインですぐに戻したよ

シェア

このブログは旧エディタを使用していますが、新しいブログ立ち上げたので、時代にそって新エディタ―になれようと思ったけど・・・・やっぱり無理でしたー!

というかこちらは記事書きたいだけですから、今まで使いなれた操作感をすてる意味もぜんぜんありません。

というか、マイナーチェンジするならわかるけど、旧エディタ―にそんなに不満を持ってた人が多かったんだろうか?何を思ってあんなフルモデルチェンジともいえる大幅な改変したんだろうか??

そこで今回は新エディターを使いづらいと感じた理由と、旧エディタ―に戻すプラグインについて書いていきます。

新エディター

最初にWordpress5.0にアップデートしたあと、記事作成しようと思って開いた画面にビビりました。だって上の方に色々あったものがスッキリなくなっちゃってるんだもの。

いつも一番上のタイトル欄に「あぁでもない、こうでもない」と言いながらタイトルを決めたら「さぁ、本文を書き始めるぞー!」っていうテンションになるのですが・・・メリハリが亡くなったような気がします。境目のない、今はやりのシームレスって言うんでしょうか?

本文を作成し始めてみるとやはり勝手が違います。『ブロック』を作成?いつもなら文章を書く場所をクリックするだけだったものが、画面上をクリックするととにかくブロック、ブロックとブロック推ししてきます。見出しの入れ方も勝手が違い、よくわからず。

さらに文章を構成するときに「ここの文節逆にしたほうがいいな」と思ってコピペすることがよくあるんですが、ためしに「あいうえお」と書いて「うえ」を前に持って来ようとすると・・・

 

こんなふうに後ろに半角スペースがついて、その後ペーストするごとに改行されてしまいます。このありがた迷惑なところが個人的には一番ダメでした。

というわけでほとんど使わないうちに、とにかく旧エディタ―に戻したいと思ったわけです。

プラグイン『Classic Editor』

左サイドバー『プラグイン』→『新規追加』に移動して、プラグイン検索から『Classic Editor』を検索します。

下画像のClassic Editorが見つかったら、『今すぐインストール』→『有効化』します。

それが済んたら投稿画面を開いてみましょう。旧エディタ―になっていたら完了です。

特に設定などをいじる必要はないと思います。また新エディターを使ってみたくなったらプラグインを停止すればよいだけです。

それでは簡単でしたが、新エディターから旧エディターへ変更する方法を解説しました。

ありがとうございます!

スポンサーリンク




お役に立ちましたらクリックお願いします!下のコメント欄への書き込みもお気軽にどうぞ!
人気ブログランキング

 

シェア